編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

「Windows」上で「Android」アプリを実行するシステム「WSA」が大幅アップデート

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-07-08 12:07

  Microsoftは米国時間7月6日、「Windows 11」向け「Android用Windowsサブシステム」(WSA)のアップデート(バージョン2205.40000.14.0)を、「Windows Insider」プログラムの米国ユーザー向けに配信開始した。高度なネットワーク機能により、「ネットワーキングに大きな変更を加えた」としている。

ノートPCを手にサーバーの確認をしている2人の人物
提供:Getty

 WSAは、Windows 11デバイスがAmazonアプリストアで提供されている「Android」アプリを実行できるようにするもの。

 同社は5月に高度なネットワーク機能を導入し、Windows 11のPCでAndroidアプリを実行できるようにしていた。

 これにより、AndroidアプリをWindows PCと同じローカルネットワーク上にあるスマートデバイスに連携できるようになった。なお、高度なネットワーク機能は、IntelもしくはAMDのチップを搭載したPC向けの、x64版Windowsの新しいビルドでは、デフォルトで有効になっている。

 WSAの最新リリースでは、「ネットワーキングに大きな変更」を加えたことで、AndroidアプリがARMコンピューターのローカルネットワークのデバイスにアクセスできるようになった。また同社のブログ記事によると、WSAはIPv6と仮想プライベートネットワーク(VPN)接続にも対応している。

 高度なネットワーク機能により、スピーカーや防犯カメラなど、Androidアプリと互換性があるスマートホームデバイスにも接続できる。同社が5月に説明したように、互換性のあるAndroidアプリがあれば、同じネットワーク上にあるコンテンツをスピーカーで再生したり、防犯カメラなどのスマートホームデバイスを設定したりできる。

 他にも、WSAは独自のIPアドレスではなく、ホストマシンやホストコンピューターと同じIPアドレスを持つようになる。この変更により、WSAの設定アプリにある開発者向けセクションでは、WSA仮想マシンのIPアドレスが削除されている。

 WSAは、マウスやキーボードなど、AndroidやWindowsデバイスのオープンソースインターフェースとの互換性を確保するために、「Hyper-V」を搭載したVMで実行される。ちなみに、「Linux 用 Windows サブシステム」(WSL)もVMで実行される。WSAとAndroidアプリを実行するには、「Microsoft Store」からWSAとAmazonアプリストアをインストールし、Windows 11で仮想化を有効にする必要がある。

 同社は2021年10月に、AMD、Intel、Qualcommのプロセッサーに対応したWSAのプレビュー版をリリースした。WSAはIntelの技術により、Armチップ専用のアプリを、IntelやAMDのチップを搭載したハードウェアでも実行できる。

 現時点で、Amazon Appstoreプレビュー版からAndroidアプリをインストールできるのは、米国ユーザーだけだが、2022年末までには、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国でも試用できる見通しだ。

 なお、IPv6およびVPN接続が有効になったものの、WSA設定アプリで高度なネットワーク機能が有効になっていると、一部のVPNでは安定性に問題があるようだ。

 同社は、「AV1 Codec」サポートを追加し、WSAを「Chromium WebView 101」向けに更新したほか、5月のAndroidカーネルパッチを適用した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]