編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

「Windows 11」新プレビュー版、2種類のビルドがBetaチャネルに

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-07-07 16:01

 Microsoftは米国時間7月5日、「Windows 11」プレビュー版の最新ビルドを「Beta」チャネルに公開した。今回、Betaチャネルは2つのグループに分けられている。新機能がオンになったビルドが手に入るグループと、そうでないグループだ。

PCに向かう人
提供:Morsa Images/DigitalVision/Getty Images

 公開されたWindows 11は、「ビルド22622.290」が新機能を利用できるグループ向けで、「ビルド22621.290」が新機能がデフォルトでオフになるグループ向けだ。

 Microsoftは新機能がオンになったパッケージについて、「新機能が搭載されてオンになっているアップデートのビルドナンバーを、機能がデフォルトでオフになっているアップデートのデバイスと区別しやすいように、意図的に大きくする」と説明している。

 Microsoftによると、Betaチャネルユーザーの過半数は、新機能がデフォルトでオンのビルドを入手できる。ただ、どちらのグループに入るのかをユーザーが決めることはできない。ビルド22621.290を入手した場合でも、「イネーブルメントパッケージ」をインストールすれば新機能を利用できる。

 今回追加された最大の新機能は「Suggested Actions」だ。この機能は、Windows 11のテストビルドが「Dev」チャネル向けとBetaチャネル向けに分かれた5月の時点で、Devチャネルには公開されていた。

 Suggested Actionsは、次の作業を提案することで、アプリをまたいだコピー&ペーストや、コピーした番号に電話をかける作業を素早くできるというものだ。例えば、日付をコピーするとカレンダー項目の作成が提案され、電話番号をコピーするとその番号に電話をかけるプロンプトが表示される。この機能は米国、カナダ、メキシコで提供されている。

 ほかには、「OneDrive」のサブスクリプション管理が「設定」に加わった。料金や支払い方法、ストレージの利用状況を確認できる。ストレージ空き容量が少なくなると、警告も表示される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]