フジパングループ本社、AI検索サービスで社内問い合わせ対応を効率化

NO BUDGET

2022-07-26 12:55

 フジパングループ本社は、シーアイエス(CIS)の人工知能(AI)検索サービス「Arrow Search」を活用した社内問い合わせ対応システムを2週間で構築した。CISが発表した。導入によって、総務部門への問い合わせを担当者が対応すべきものだけに限られるようになり、問い合わせ業務を約20%削減したという。

導入の概要
導入の概要

 今回の対応システムでは、複数データベースからAIが関連すると判断した文書リンクを一覧表示できる。データベースはグループウェアの「Notes/Domino」にあり、人事・総務関連の文書が保存されている。AIによって提示された文書リンクをクリックすると、直接文書や添付ファイルを開くことができる。

 また、類義語・関連語句を登録することで、社内や業界特有の言い回しなどのゆらぎを吸収して、話し言葉での質問にも対応する。さらに、簡単な操作で利用者のフィードバックをAIに学習させ、回答精度を向上させることもできるようになった。

 システム構築の際は、Notes/Domino上の社内規定・PC関連マニュアルなど既存文書の改編・改修が不要で、検索対象コンテンツの追加をNotesから通常通りに文書作成・保存するだけで完了できるようにしている。

「Arrow Search」利用画面例
「Arrow Search」利用画面例

 フジパングループ本社は、製パンに関わる工場・営業所などが全国に多数あり、各地から人事・総務に関する問い合わせが本社に集中することが課題となっていた。Notes/Domino上にある人事・総務関連の文書の保存場所を社員が分からず、人事・総務部門に直接問い合わせを行っていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]