編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

日立システムズとAWS、3年間の戦略的協業契約を締結

ZDNet Japan Staff

2022-08-10 14:43

 日立システムズと米Amazon Web Services(AWS)は8月10日、マネージドサービスの拡大に向けて3年間の戦略的協業契約を締結したと発表した。

 今回の契約に基づいて日立システムズは、AWS認定資格保有者を新たに1000人以上増強し、「業種ごとに多様化する顧客の要望に迅速かつ高品質なソリューション提供を可能とする」と表明。今後3年間にAWS関連事業で新規に100億円の売り上げを目指すという。

 AWSのワールドワイド システムインテグレーター担当責任者を務めるChris Sullivan氏は、「日立システムズと2014年から連携し、日本の医薬・ヘルスケアの顧客を中心に顧客のビジネス変革とアジリティーの向上に取り組んできた。今回の戦略的協業の締結で両社がさらに関係を強化し、顧客のさらなるビジネスの成長を支援できる」とコメントを発表した。

 日立システムズは、2014年にAWSパートナーネットワーク(APN)に参加し、2022年3月にAPN最上位の「APNプレミアティアサービスパートナー」に認定された。これまで約300社のAWSへの移行やその運用の支援サービスなどを提供し、1000件以上の実績があるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]