編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

PDFを「Excel」スプレッドシートに変換するには

Maria Diaz (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-08-15 07:30

 いくつかの制限はあるものの、PDFを「Excel」に無料で変換できるウェブサイトが複数存在する。PDFを編集可能なExcelファイルに変換できる最も著名なサイトの1つがadobe.comだ。もう1つの方法は、画像のデータを直接Excelに挿入することだ。

 利用可能な非常に多くの方法を実際に試してみて、断言できることが1つある。それは、どの方法を使用しても、完璧な結果が得られる可能性は低いということだ。多くの場合、自分の望む外観に仕上げるには、編集作業と、ドキュメントの書式設定のすべてではないにしても一部をやり直す作業が必要になる。上の動画を見て頂ければ分かるように、Excelの「Data from Picture」(画像から)機能を使用して、PDFをExcelに追加するのは、(そのPDFは元々、Excelのスプレッドシートだったにもかかわらず)大変な体験だった。

 逆に、筆者がこれまでに試した中で最も精度の高かった選択肢は、Adobeの「PDF to Excel」(PDFをExcelに変換)ツールだ。これを使えば、一貫して最高の結果を得られる。そこで、本記事では、Adobeのツールを使用して、PDFをExcelに変換する手順を説明する。

PDFをExcelに変換する方法

提供:Maria Diaz / ZDNet
提供:Maria Diaz / ZDNet

ステップ1:adobe.comにアクセスする。「PDF & E-Signatures」(PDFと電子サイン)>「Online Tools」(オンラインツール)の順に選択する。

提供:Maria Diaz / ZDNet
提供:Maria Diaz / ZDNet

 無料のアカウントを持っている場合は、サインインすると、より多くのオンラインツールにアクセスできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]