編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「AWS Private 5G」が一般提供に--プライベート無線ネットワークの導入を支援

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-08-16 12:07

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間8月11日、「AWS Private 5G」の一般提供を開始したと発表した。企業はマネージド型のこのサービスを用いることで、自社施設内でプライベート5Gネットワークの配備やテストを迅速に行えるようになる。

PCの画面を見ながら話す2人の男性
提供:Getty

 同社は2021年11月に開催した年次イベント「re:Invent」で同サービスのプレビュー版を発表しており、コネクテッドデバイス/センサー向けのWi-Fiを拡張/置換するだけでなく、通信事業者の専用機材よりも容易な配備モデルを採用しているマネージドサービスだと説明していた。

 同サービスの魅力は、事業所や工場に配備されているIoTデバイスのためのプライベートLTE/5Gネットワークを配備しようとした場合、まったく何もない状態からネットワークを構築する場合に比べ、比較的容易にセットアップできるところにある。AWS Private 5Gのネットワークは、センサーを利用した在庫監視や、セキュリティカメラからの動画ストリーミング、敷地内での安定したネットワークカバレージといった機能をサポートできる。

 IT部門のユーザーがカバーしたい領域や、必要な容量を指定すれば、AWSは必要なハードウェアとSIMカードを送付する。また、ネットワークは自動的に構成/設定されるようになっている。

 AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏は同社ブログで、「このクールな新サービスによって、わずか数日のうちに独自のプライベートモバイルネットワークを設計し、配備できるようになる。インストールや運用、規模の拡大は簡単であり、専門的な知識も必要ない」と述べた。

 さらに、「このネットワークを使って、スマートファクトリーに設置してあるセンサーやアクチュエーターと通信したり、プロセスオートメーションに向けたハンドヘルドデバイスやスキャナー、タブレットとの接続性を向上させたりできる」と続けた。

 AWS Private 5Gはその名称とは裏腹に、現時点で5G接続をサポートしていない。その理由は同サービスが、現時点で4G LTEしかサポートしていない米国の市民ブロードバンド無線サービス(CBRS)に依存しているためだ。しかし最終的に5Gもサポートされる予定になっている。

 CBRSは、米国政府がこれまで軍事レーダーシステム向けと商用の固定衛星システム向けに割り当ててきていた3.5GHz帯を使用するサービスだ。米連邦通信委員会(FCC)は2015年に、CBRSの周波数帯において連邦の既存ユーザーと共有するかたちで、100MHz分の帯域幅を商利用に向けて開放するための規則を導入した。これにより、プライベートな利用の場合、企業は同帯域幅内で5Gネットワークを展開する上でライセンスを取得する必要がなくなった。

 AWS Private 5Gは米国東部(オハイオ)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)の各リージョンで提供されている。近い将来、米国以外にも展開する計画だという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]