カーボンニュートラル(脱炭素)

アクセンチュア、東芝と共同で企業の「グリーントランスフォーメーション」を加速

NO BUDGET

2022-09-28 16:57

 アクセンチュアと東芝は、温室効果ガス(GHG)排出量が多い業界、エネルギー管理のさらなる効率化が求められる企業に対して、カーボンニュートラルの実現に向けた戦略策定から実行段階に関して一貫して提案、支援する「GXコンサルティングサービス」を開始する。

 アクセンチュアは、脱炭素社会の実現に向けた戦略策定、循環経済型ビジネスモデルの構築、グリーン調達を含むサプライチェーン改革の構想、実行やGHG排出量の可視化ソリューションなどを提供している。またパートナー企業とのエコシステムを通じ、クラウドをはじめとした脱炭素に資するデジタルやITなどのソリューション導入においても、世界で豊富な実績を有する。

 同社は今後、カーボンニュートラルの実現に向けた戦略策定やソリューションの実装のみならず、東芝と共に、顧客企業が掲げるGHGの排出削減目標の達成に向けて、実際の排出量削減までつなげる支援サービスを強化していく。GXコンサルティングサービスに対しても、市場動向や顧客ニーズを踏まえてビジネスモデルの高度化を推進していく。

 東芝は、2030年度までにGHG排出量を2019年度比で70%削減することを目指している。同社は太陽光や風力などの再エネシステムやデジタル技術を用いたエネルギー管理システム、再生可能エネルギー由来の水素ソリューション、CO2分離回収設備など、カーボンニュートラルの実現を支えるさまざまな技術やサービスを有している。

 今後両社は、GHG削減ソリューションの相互連携やサービスの共同開発まで連携範囲の拡大を進める。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]