編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
Chromebookをより便利に

「Chromebook」で共有ネットワークフォルダーに接続するには

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-10-27 07:45

 最初に発表されたとき、「Chromebook」はブラウザーを備えたノートPCに過ぎないと嘲笑された。その当時と比べると、Chromebookの汎用性は大幅に向上している。おそらく、読者の皆さんが思っているよりも進化しているはずだ。

 例えば、「ChromeOS」内からネットワーク共有に接続する機能を見てみよう。この機能は、しばらく前から同OSに組み込まれており、ネットワーク共有への接続だけでなく、「Files」(ファイル)アプリケーション内からネットワーク共有にアクセスすることも容易にする。

 本記事では、「Pop!_OS Linux」上の「Samba」サーバーによって共有されているネットワーク共有に接続する手順を説明する。この手順を実行して、「Windows」や「macOS」マシンから共有されているディレクトリーに接続することも可能だ(つまり、共有をホストしているOSの種類に関係なく、手順は同じである)。

 この機能を利用するのに必要なのは、最新のアップデートが適用されたChromebookと、接続可能な状態にあるネットワーク共有だけだ。準備が整ったら、実際に手順を実行してみよう。

1. 「Settings」(設定)アプリを開く

 最初に、共有に接続する。Chromebookが、共有をホストしているマシンと同じネットワークに接続されている必要がある。それを確認したら、Chromebookにログインして、システムトレイのポップアップ内の歯車アイコン(図1)、またはデスクトップランチャー内から、「Settings」(設定)アプリを開く。

(図1)システムトレイのポップアップ内から「Settings」(設定)アプリにアクセスする。(提供:Jack Wallen)
図1:システムトレイのポップアップ内から「Settings」(設定)アプリにアクセスする。
提供:Jack Wallen

2. 共有に接続する

 「Settings」(設定)アプリ内から、左側のサイドバーの「Advanced」(詳細設定)をクリックして展開し、「Files」(ファイル)をクリックする(図2)。

(図2)ChromeOSの「Settings」(設定)アプリを実際に使用しているところ。(提供:Jack Wallen)
図2:ChromeOSの「Settings」(設定)アプリを実際に使用しているところ。
提供:Jack Wallen

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]