リミニストリート、新ソリューション「Rimini Connect」を発表

藤本和彦 (編集部)

2022-12-07 11:15

 Rimini Streetは12月7日、新たな統合・相互運用ソリューション群「Rimini Connect」のサービス提供を開始したと発表した。

 同社は、エンタープライズ向けにソフトウェア、ブラウザー、インフラ、メールなどの統合・総合運用のためのソリューションを提供してきた。今回は、ブラウザー/OS/メール向けの各ソリューションがRimini Connectとして利用できるようになった。これは、先日発表されたセキュリティソリューション「Rimini Protect」に続くものとなる。

 同社によると、「Rimini Connectを使うことで、統合と相互運用性を維持するためだけのソフトウェアベンダーのコード更新やアプリケーションのアップグレード、マイグレーションの必要性を回避することができる」という。

 Rimini Connectの提供サービスは、「Rimini Connect for Browsers」「同 for OS」「同 for Email」の3つになる。

Rimini Connectの提供サービス
Rimini Connectの提供サービス

 Rimini Connect for Browsersは、統合基幹業務システム(ERP)から送信されるHTMLメッセージと互換性のないブラウザーをサポートする。現在、ほとんどの企業で複数の種類やバージョンのブラウザーが稼働しており、相互運用性が問題となっている。同サービスでは、現在および将来のアプリケーションとリリースの互換性を将来にわたって保証することで、既存のエンタープライズアプリケーションの寿命を延ばし、現在および将来のさまざまなブラウザーとバージョンを使用するユーザーの変更を最小限に抑制するとしている。

 Rimini Connect for OSは、ERPのシステム要件として未認証または互換性がないOSをサポートする。通常、新しいOSのリリースにサポートするために、アプリケーションの更新も必要となる。同サービスでは、現在および将来リリースされるアプリケーションとOSとの互換性を将来にわたって保証する。これにより、既存のエンタープライズアプリケーションの寿命を延ばし、ユーザーの変更を最小限に抑制するほか、企業向けアプリケーションとOSのロードマップを独自に管理できるようになる。

 Rimini Connect for Emailは、新しい認証とメールプロトコルをサポートし、シームレスな統合を支援する。例えば、「Microsoft Exchange Online」が2023年1月1日にOpen Authorization 2.0(OAUTH2)プロトコルへ移行する際の非互換性を迅速に解決できるという。

Rimini Street シニアバイスプレジデントでCTOのEric Helmer氏
Rimini Street シニアバイスプレジデントでCTOのEric Helmer氏

 Rimini Streetのシニアバイスプレジデント(SVP)で最高技術責任者(CTO)のEric Helmer氏は、「戦争や紛争など地政学的な問題や世界的な感染症の拡大、IT領域での労働者不足、サイバーセキュリティ、金融不安など、かつてないほど不確実性が高まっている。そうした中、企業はいま大きな分岐点にあり、アジャイルな判断や素早い方向転換、不測の事態を予見する能力、変化に向けた体制づくりが求められている」と話す。

 同氏は続けて、不確実な時代においてリスクから脱却するには、ITロードマップやイノベーション戦略をベンダー主導ではなく、ビジネス主導で策定する必要があると指摘。また、そうした変化に適応するために重要な考え方として「コンポーザブル」なアーキテクチャーが重要になると説明する。

 Rimini Connectは、旧来のモノリシック(一枚岩)なERPの各要素を抽象化することで、ERP自体に手を加えなくても、ブラウザーやミドルウェア、OS、データベースなどの更新や変更を可能にする。「選んだ組み合わせがベンダーに認定されているかどうかは関係ない。Rimini Connectがプロキシーのようにシステムの間に入ってデータを変換して処理する仕組みになっている」とHelmer氏は説明する。

ERPシステムの各要素を抽象化するイメージ
ERPシステムの各要素を抽象化するイメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]