台湾TSMC、アリゾナ州に第2の半導体工場を建設へ--投資5.5兆円に

Stephen Shankland Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2022-12-07 10:49

 台湾積体電路製造(TSMC)は米国時間12月6日、アリゾナ州フェニックスに第2の新工場を建設すると発表した。この工場で最先端のプロセッサーを製造するとしている。

TSMCの施設
提供:Billy H.C. Kwok/Getty Images

 工場建設予定地で計画を祝う式典には、Apple、AMD、NVIDIAの最高経営責任者(CEO)らのほか、Joe Biden米大統領も出席した。

 TSMCはすでにフェニックスに半導体製造工場(ファブ)を建設中で、120億ドル(約1兆6000億円)を投じて、現行の「iPhone」などに採用されている最先端の5nm製造プロセスによるプロセッサーを製造する。TSMCは改良した4nmチップもこの工場で製造することと、はるかに高度な3nmチップを製造する第2のファブを建設することを発表した。投資総額は400億ドル(約5兆5000億円)になる。

 ただし、この新しいチップは2023年のiPhoneには搭載されない。ファブの建設には時間がかかるからだ。TSMCは2021年4月に5nmのファブを着工したが、チップの製造が始まるのは2024年以降になる。新たに発表された3nmのファブも、チップの製造が始まるのは2026年以降だ。

 TSMCがアリゾナに建設する2つのファブは、建設に従事する1万人以上の建設作業員に加え、さらに1万人に上る高賃金のハイテク関連の雇用を創出することが見込まれる。ハイテク関連職には、TSMCが直接雇用する4500人も含まれる。完成すれば、これら2つのファブで製造されるウエハーは年間60万枚以上、最終製品の価値は400億ドル以上になるとみられる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]