宮崎県企業局、発電所・ダム施設の情報をクラウド管理--巡視点検を効率化

寺島菜央 (編集部)

2022-12-27 15:00

 宮崎県企業局は、設備管理アプリケーション「ゲンコネ」を、発電所・ダム施設の巡視点検用のアプリケーションとして試行導入した。同製品を提供するセンシンロボティクスが12月27日に発表した。

 ゲンコネは、各施設・建物の不具合・修繕箇所の情報やタスクを管理・共有できるクラウドアプリケーション。タスクにひも付いたチャットツールを通して関連各所とのやりとりを履歴として残すことができる。また、図面や360度パノラマ上で課題を管理でき、現場の往訪を最小限に抑えられるという。

 宮崎県企業局では現在、各発電所の情報通信担当者が1年に1度のペースで設備のメーター点検や異音確認、ログ確認などの定期点検を実施している。しかし、発電所は山間部などのアクセスが難しい場所にあり、1~3時間かけて担当者が往訪しているケースもあるという。また、施設や設備、備品類など、熟練者と現場経験が浅いメンバーでは言葉や図面だけではうまく伝わらないという課題を抱えていた。

 そこで同局は、関係者間での情報共有をスムーズに行い、定期点検の効率化を目指すためゲンコネを試行導入。クラウド上でデータを管理できるため、オフィスに戻らなければできなかったデータの入力や閲覧などを、外出時も簡単にアクセスし、各施設の情報を把握できるようになったという。

ゲンコネ上で見られる施設の課題一覧イメージ
ゲンコネ上で見られる施設の課題一覧イメージ

 また、同製品ではパノラマ空間にピンを立てることができるため、数多くの設備がある中で、どの設備・機器を指しているのかを明確にでき、同局ではコミュニケーションの食い違いを防ぐことができたと述べている。

360度パノラマビューのイメージ。設備にピンが立ててある
360度パノラマビューのイメージ。設備にピンが立ててある

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]