SCSKサービスウェア、リモート環境でIT運用をサポート--「Remote PrimeDesk」提供

寺島菜央 (編集部)

2023-01-16 13:54

 SCSKサービスウェアは1月16日、コンタクトセンター型のIT運用サポート「Remote PrimeDesk」を17日から提供すると発表した。

 Remote PrimeDeskでは、同社のIT運用サポートサービス「PrimeDsek」を同社のコンタクトセンター環境からリモートで顧客企業に提供する。PrimeDeskは、同社による問い合わせ対応(ヘルプデスク)のほか、セキュリティ対策、IT機器やソフトウェアの管理、運用・保守など、各種IT運用サポートを提供するサービス。

Remote PrimeDeskのサービス概要図(出典:SCSKサービスウェア)
Remote PrimeDeskのサービス概要図(出典:SCSKサービスウェア)

 近年、さまざまな情報システムがクラウド化したことで、場所にとらわれない業務を行う環境が整備されてきた。同社ではこのような業務環境を活用し、課題を現地で解決したいという常駐サポートのニーズと、ナレッジ(知識)やリソースを集約してIT運用を効率化したいというニーズの双方に応えるため、運用ノウハウを共有ナレッジとして蓄積しながら、常駐とコンタクトセンターのハイブリッドでIT運用サポートを行う体制を整備したという。

 同社は、常駐型のIT運用サポートと、Remote PrimeDeskをハイブリッドで運用することで、要員配置の最適化を実現し、安定したアウトソーシングサービスの提供を図るという。また、同サービスの活用により「コストの最適化」「ハイブリッド運用による業務の高度化」「事業継続性」「安定した品質」といったメリットが挙げられると説明した。

 同社では同サービスを今後3年で20社に導入する計画を立案している。また、同社が長年のIT運用サポートやコンタクトセンター運用で蓄積した「ノウハウ」と「人材」、SCSKグループの「IT力」により、PrimeDeskの高品質なサービス提供を目指し、最適な業務運営およびデジタル変革(DX)の実現を支援していくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]