事例

吉田カバン、公式ECサイト多言語化で「WOVN.io」導入

河部恭紀 (編集部)

2023-01-18 11:33

 Wovn Technologiesは1月18日、ウェブサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」を吉田(吉田カバン)が公式電子商取引(EC)サイトに導入し、多言語での対応を開始したと発表した。

 吉田カバンは、創業1935年のカバンメーカー。日本国外への出店や世界各国のブランドとのコラボレーションにより、海外の顧客からの購入も増加傾向にあるという。同社運営のECサイトでは、情報をスピーディーに多言語化することで、より多くの顧客にブランドのアイデンティティーや品質を正しく理解してもらい、商品を購入してもらいたいというニーズが高まってきていた。そこで、英語のほか、特に店舗利用者の多い台湾の顧客に繁体字中国語で情報を届けるべく検討を進めたという。

 ECサイトの多言語化に当たっては、既存のECサイトの環境を変えることなく海外の顧客からも吉田カバンのブランドを検索できるよう、海外SEO対応できることが重要だった。また、在庫情報が日々変化することも多いため、膨大かつ高頻度に更新される商品の情報を運用負荷なくタイムリーに情報を届けることが求められた。

 WOVN.ioは、コンテンツ管理システム(CMS)を利用するウェブサイトでも柔軟に海外SEO対応を実現にする「Proxy方式」などを提供。また、「変更箇所の自動検出」技術は、日々変化する膨大な情報もタイムリーに翻訳することを可能にする。このような機能性が評価されWOVN.io導入に至ったという。

 WOVN.ioの導入により吉田カバンの公式ECサイトは現在、英語と繁体字中国語での表示が可能。今後は、海外の顧客にブランドの魅力をさらに発信するべく、フランスを始めとするヨーロッパ圏や、購入者の多いインドネシア、タイ、韓国などのアジア圏への言語拡張などを検討しているという。

画像

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]