Avast、「BianLian」ランサムウェアの復号ツールを無料で公開

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2023-01-19 12:14

 チェコに拠点を置く、ウイルス対策ソフトウェア企業Avast Softwareは現地時間1月16日、「BianLian」ランサムウェアによって暗号化されたファイルの復号ツールを無料で公開した。同ランサムウェアの被害者はこのツールを用いることで、サイバー犯罪者らに身代金を支払わなくても、暗号化されたファイルを復元できるようになるはずだ。

画面を見ながら話し合う人物
提供: Getty

 BianLianは2022年8月に登場し、メディア・エンターテインメントや製造、ヘルスケアといった業界に対する一連の攻撃で被害をもたらしており、その被害は米国やオーストラリア、英国など世界各地の組織に及んでいる。

 BianLianは、オープンソースのプログラミング言語「Go」で記述された、「Windows」システムを標的にするランサムウェアであり、システムの暗号化を高速に実行するとともに、暗号化完了前の検出を避けるために、ファイルを複数のチャンクに分割するという暗号化テクニックを使用している。

 暗号化処理が完了すると、被害者に対して、ランサムウェアに感染した事実と、データを「復元」するために攻撃者に連絡を取る必要があるという内容が記された身代金要求メモが提示される。その際の連絡手段には、暗号化機能付きのメッセージアプリや電子メールが含まれている。

 BianLianを用いる攻撃者らは、被害者の保存していたデータを窃取済であり、10日以内に身代金を受け取らなければそのデータを公開すると警告してもいる。

 しかし今回、Avastのサイバーセキュリティ研究者らが、BianLianランサムウェアによって暗号化されたデータの復号ツールを開発し、無料で公開したため、被害者は身代金を支払わずに自らのデータを復元できる可能性が出てきた。

 とは言うものの、このデータ復号ツールで復元できるのはBianLianランサムウェアの既知の亜種によって暗号化されたファイルのみであり、新たな亜種が登場した場合、現在のツールでは復元できないだろうと同研究者らは警告している。

 AvastのThreat Research Teamは同社ブログに、「新たな被害者が出てきた場合、ハードディスク上に存在するランサムウェアのバイナリーコードを見つける必要があるかもしれない。しかし、このランサムウェアは暗号化を終了した後、自らを消去するようになっているため、その作業は難しい可能性がある」と記している。

 Avastが今回公開した復号ツールは同社ウェブサイトから無料でダウンロードできる。また同社は、さらなる亜種の攻撃に対応できるよう同復号ツールをアップデートするための新たなサンプルを探している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]