CTC、「Salesforce」の利用定着を支援するサービスを提供

NO BUDGET

2023-01-26 11:57

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、「定着化支援サービス for Salesforce」の提供を開始した。既に顧客管理プラットフォーム「Salesforce」を利用している企業を中心に展開し、3年間で30件の受注を目指すという。

 CTCは、2008年からSalesforceの提供を開始しており、コンタクトセンター向けの顧客管理や製造業向けの製品情報の管理などの業務に合わせて導入してきた実績がある。同サービスは、ソフトウェアの品質保証・テストを手掛け、Salesforceの運用サービスも展開するSHIFTと共同で提供する。

 同サービスでは、Salesforceのシステム管理者向けにユーザーからの設定変更の依頼や問い合わせに対応するヘルプデスクと運用サービスを提供し、営業プロセスの継続的な改善をサポートする。

 運用サービスでは、ユーザーのアカウント管理やシステム環境の管理に加え、定期的なバージョンアップに関する情報提供や現行システムへの影響調査や検証を行うという。

 サービスメニューごとに細かく価格を設定し、ユーザーの運用や要望に合わせて柔軟に組み合わせて利用できる。専任のエンジニアがシステム全体のサポートを行う従来の方法に比べ、投資を抑えたスモールスタートが可能だとしている。また、システム負荷や運用上の問題の可視化などを行うコンサルティングも個別見積で対応する。

 利用価格(税別、参考標準価格)は、「ITヘルプデスクサービス」が270,000円/月20時間から、業務改善施策として要望の上がった要件などをノンプログラミング開発で実装する「設定支援サービス」が400,000円/月20時間からとなっている。このほかに、システム管理者業務の代行「Salesforceアドミンサービス」や、操作マニュアル、業務マニュアルの作成を行う「マニュアル作成サービス」などのメニューがある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]