マイクロソフト、サービス復旧--大規模障害で「Teams」や「Outlook」に影響

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-01-26 09:36

 米国時間1月25日午前に「Outlook」「Sharepoint」「Teams」を含む複数の「Microsoft 365」サービスにユーザーがアクセスできない障害が発生していたが、Microsoftがその原因となっていたネットワーク設定の変更をロールバックした後、各種サービスが復旧した。

PCを前に困惑する人物
提供:Shutterstock / Antonio Guillem

 「影響を受けたサービスが復旧し、安定した状態を保っていることを確認した。『Exchange Online Service』に対する何らかの潜在的影響について調査している」と、Microsoftはグリニッジ標準時午後2時31分にツイートした

 それに先立ち同社は、問題の原因と思われる「ネットワーク変更をロールバック」したとして、サービスに対するロールバックの効果を監視していると述べていた。

 午前10時47分には、次のようにツイートしている。「引き続きサービス全体の復旧を監視しており、一部の顧客から問題の緩和が報告されている。また、サービスを追加のインフラストラクチャーに接続して、復旧プロセスを早めている」

 午前9時には、Microsoft 365のサービス正常性ダッシュボード上で問題の範囲を認め、「ネットワーク設定の問題」が原因であることを特定したと述べていた。

 「影響を受けたインフラストラクチャーを介してサービスを利用するすべてのユーザーが、複数のMicrosoft 365サービスにアクセスできない可能性がある」と説明していた。

 影響を受けたサービスは次のとおり。「Microsoft Teams」「Exchange Online」「Outlook」「SharePoint Online」「OneDrive for Business」「Microsoft Graph」「Power BI」「Microsoft 365 Admin Portal」「Microsoft Intune」「Microsoft Defender for Cloud Apps」「Microsoft Defender for Identity」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]