EARTHBRAINとCTC、「横浜港新本牧ふ頭整備事業」に3Dモデルを用いた情報共有クラウドを提供

NO BUDGET

2023-03-08 07:58

 EARTHBRAINと伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、3次元(3D)モデルを用いた情報共有クラウド(港湾整備BIM/CIMクラウド)を、国土交通省関東地方整備局が推進する「横浜港新本牧ふ頭整備事業」に提供した。両社が3月7日に発表した。

 BIM/CIMは、それぞれ「Building Information Modeling/Management」と「Construction Information Modeling/Management」の略称。土木、建築業における計画、調査、設計段階から3Dモデルを導入することにより、その後の施工、維持管理の各段階においても3Dモデルを連携・発展させて、事業全体にわたる関係者間の情報共有を容易にする。

 港湾整備BIM/CIMクラウドは、EARTHBRAINが提供する建設業向けIoT基盤「LANDLOG」と、CTCの3Dモデル情報共有基盤「ILSIM」をAPI連携させたソリューションで、建設分野での調査、設計、施工に関するデータを統合して、3Dモデルで可視化する。

 ANDLOGは、建設生産プロセスに関わる地形、建設機械、資材、車両などのIoTデータを収集し、3Dモデルを作成して一元的に管理するオープンなIoT基盤。収集したデータを建設業界向けのアプリケーションを開発する企業に提供している。

 CTCのILSIMは、施工前の測量や設計から施工、施工後の維持管理まで含めた一連の建設プロセスで生じるさまざまな情報を可視化して共有できる。

 両社はそれぞれの強みを生かし、長年の実績を基にLANDLOGとILSIMの連携のほか、3Dデータの標準化ツールやデータを相互参照するインターフェースを開発した。データ登録からクラウド上でのデータの共有化までのワークフローを設計し、情報共有クラウドの実装を実現している。

 これにより、複数の受注者が工事区分を分担して同時に施工する際に、3Dモデルを用いて工事の進捗管理や検査などの監督業務を統合的かつ効率的に行えるようになる。

港湾整備BIM/CIMクラウドの全体図 港湾整備BIM/CIMクラウドの全体図
※クリックすると拡大画像が見られます

 同クラウドを活用することで、異なるツールで測量、設計した3Dデータでも、ファイル形式を標準化して取り込み統合できるため、工事の設計や進捗確認の効率化・高度化に役立つ。また、施工段階で発生する検査記録や進ちょくの履歴、構造物の諸元などの属性情報を3Dモデルにひも付けて蓄積することで、複数の事業者が関わる公共事業でのスムーズな情報共有を可能にする。

 国土交通省は、情報通信技術(ICT)を活用して建設/建築分野での生産性の向上を図る取り組み「i-Construction」を進めている。関東地方整備局は、その取り組みを推進する一環として、BIM/CIM、ICTを活用した施工管理を試行し、港湾整備BIM/CIMクラウドを構築した。

 両社は今後、分析の自動化や予防保全のための予測分析などの機能拡充も視野に入れ、同事業における港湾整備BIM/CIMクラウドの適用範囲の拡大を通して、i-Constructionの普及に貢献していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]