GM、「ChatGPT」の技術による自動車向けAIアシスタントを計画か

Jada Jones (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-03-15 12:35

 OpenAIの「ChatGPT」で使われている人工知能(AI)技術は、私たちの生活のさまざまな側面に浸透する可能性がある。General Motors(GM)などの企業がこの技術を未来の自動車に組み込もうとしていることも、その表れだ。GMは、「Chevrolet」「Cadillac」「Buick」「GMC」などの乗用車やトラックを製造しており、この技術を多くの人気車種に組み込む可能性がある。

車載システムのイメージ
提供:Getty Images/XH4D

 近年、自動車はますますハイテク化しており、現在では、Bluetooth接続、半自動運転、自動ブレーキ、車線逸脱警告、衝突警告、360度後方カメラといったテクノロジーが多くの自動車に搭載されている。

 それらのテクノロジーのほとんどはAIを使って、ドライバーの注意を道路から逸らす運転操作の一部を自動化している。しかし、詳細なオーナーズマニュアルから必要な情報を見つけることやガレージシャッターのリモコンを押すことなど、運転のいくつかの側面はいまだに30年前と全く変わっていない。

 GMは、ChatGPTを支える技術を使ってそれらを自動化しようとしている。実現すれば、未来のスマートカーの登場がそれほど先のことではないと感じられるようになるだろう。Semaforは先週、GMがChatGPTと同じ技術をベースとする音声アシスタントの開発に取り組んでいることを最初に報じた。

 注意しなければならないのは、ChatGPTがGMの自動車に搭載されるわけではなく、同じ言語モデルを使うAIアシスタントが組み込まれるということだ。Semaforによると、この音声アシスタントはMicrosoftの「Azure」クラウドサービスを利用するという。

 SF映画に出てくるような高度なAIアシスタントは長年、多くの自動車メーカーの目標となっているが、AIの言語技術が十分に発達していないことが主な理由で、まだ実現には至っていない。

 おそらく、AIアシスタントがドライバーにもたらす最大の恩恵は、ドライバーが道路から目を離す必要がなくなることだろう。車載エンターテインメントシステムの画面は、毎年新しいモデルが登場するたびに、より大型かつ包括的なものになっている。しかし、ドライバーが「Siri」のような車載音声アシスタントを使ってハンズフリーで実行できることは限られている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]