海外コメンタリー

「ChatGPT」VS.新「Bing」--どちらのAIチャットボットを使うべきか

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2023-03-31 06:30

 「ChatGPT」が2022年11月に公開されて以来、インターネット上では人工知能(AI)チャットボットの話題が花盛りだ。ChatGPTの持つテキスト生成や対話、コードの記述をはじめとするさまざまな能力により、同チャットボットは爆発的な人気となった

ChatGPTとBingのロゴ。その間に「vs」と書かれている
提供:米ZDNet

 当然の成り行きだが、ChatGPTの華々しい成功を目にした他社も、先を争って生成型AI分野に参入することになった。

 Microsoftも2023年2月、ChatGPTがベースとしている技術を「Bing」の検索エンジンに統合し、チャットボット機能を備えた新しいBingを発表した。新しいBingには、ChatGPTとは大きく異なる点がいくつかある。その最大の違いはインターネット全体にアクセスできるというところにある。

 では、今手元にあるAIのニーズにはどちらのチャットボットが向いているのだろうか?本記事では、そういった意思決定に役立てられるよう、ChatGPT(無料バージョン)と新しいBingを比較する。

ChatGPTを使用すべきケース

ノートPCでChatGPTのウェブサイトを開いた様子
提供:June Wan/米ZDNet

#1:自らでこの流行に触れてみたい

 ChatGPTはその登場以来、AIチャットボットの代名詞ともなっており、この分野に参入してきている多くの派生チャットボットのベースとなってきている。このため、流行の中心にいるといっても過言ではない。ChatGPTは文章生成やコーディングといった技術的な分野を含む、さまざまなシチュエーションで洞察や支援を提供できるだけの十分な能力を有している。

 ChatGPTは現在無料で利用でき、アクセスする上で面倒なウェイトリスト(待ち行列)も存在していない。従って、AIチャットボットの利点について知りたい場合、今すぐChatGPTを使ってみることができる。

#2:2021年以前の話題や出来事について明確化したい

 ChatGPTは2021年以前のウェブの膨大なデータを用いて訓練されている。このため、2021年以前の話題や出来事についての疑問があるなら、ChatGPTとの対話によって疑問に対する包括的な回答が得られるだろう。

 入力するプロンプトは、検索エンジン向けで一般的になっている入力形式にとらわれず、具体的な数式やコーディングをプロンプトに含めることもできる。

 ChatGPTはまるで家庭教師のような、微に入り細をうがつ説明が可能であるため、学習や調査といった目的で具体的な話題について明確にしたい場合、特に有益なツールとなる。ただChatGPTの最も素晴らしい点は、家庭教師とは異なり、いつでも利用でき、好きなだけ質問しても全てに答えてくれるところにある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]