海外コメンタリー

Linuxへの乗り換えを考える人に知らせたい6つのこと

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-04-06 06:30

 PCユーザーの中には、Linuxのことなどまったく念頭にはないという人も多いが、Linuxの人気は確実に高まっている。関心が高まっている理由には、Linuxが企業のビジネスと深く結びついていることや、多くのユーザーにとってブラウザーが主なツールになっていること、デスクトップLinuxが大きく進化していること、Linuxの費用対効果が高いこと(多数のディストリビューションを無料で使える)、Linuxであれば古くなったコンピューターでも使えることなどがある。

Pop!_O
提供:Jack Wallen

 現在のLinuxが、ユーザーにとって非常に使いやすいものになっていることを考えれば、今は一般ユーザーがLinuxを使い始める絶好のタイミングだと言えるだろう。

 筆者が初めてLinuxを使い始めた頃(97年)は、Linuxをインストールするのも、使うのも大変だった。当時は、何かをしようとするたびに、何をどのような方法で行うべきかを説明しつつ、同じことをするための別の方法も多数紹介している、かなりの長さの説明文を読まされたりしたものだ。それによって混乱もしたが、同時に自由度も増えていった。筆者は最初からその状況に放り込まれたことで、素早く学ばざるを得なかった。その結果、Linuxだけを使うようになってから6カ月後には、Linuxをかなり使いこなせるようになっていた。

 とはいえ、OSの使い方を学ぶのにかかる時間としては、6カ月は長すぎる。

 幸い、状況は劇的に変わった。以前のLinuxは、最近のOSと比べれば、ほとんど理解不能だと言っていいものだった。しかし今のLinuxは、市場に出回っているほかのOSと同じくらい使いやすくなっている。この記事では、「Windows」や「macOS」からLinuxへの乗り換えを考えている人のために、知っておいた方がよい知識をいくつか紹介したい。

1.思っているよりも簡単に使える

 Linuxデスクトップは本当に使いやすくなった。ほとんどのディストリビューションの開発者や設計者は、一般に使われているほかのOSのように使いやすくするために、古いやり方を捨ててさまざまな努力をしている。初期のLinuxでは、コマンドラインは必要不可欠なものだったが、今ではそうでもなくなっている。実際、現在のLinuxは非常に使いやすく、ユーザーフレンドリーになっており、ターミナルウィンドウに一切触れずにLinuxデスクトップを使い続けることもできる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]