鹿島建設、クラウドERPを部門導入--案件別に工数の予実管理が可能に

NO BUDGET

2023-04-06 10:50

 鹿島建設は、建築管理本部西日本プロダクションセンター内のBIM事業を担う部署でクラウド型の基幹業務システム(ERP)「ZAC」を部門導入した。同製品を提供するオロが4月5日に発表した。同製品は、2022年10月に導入され、労務費管理・工数管理システムとして活用されている。

 ZACは損益管理、プロジェクト管理、管理会計、内部統制、決算早期化を実現する統合型のERP。プロジェクトや作業工程別の作業時間集計を可能にし、これを基に、労務費および各種費用の配賦ができるため、精度の高い案件別の個別原価計算を実現できる。

 今回の導入により、鹿島建設では外注先社員と自社社員それぞれの予定工数を案件ごとに設定し、実績工数と比較することで案件の進ちょくを管理できるようになった。また、労務費を各案件に配賦することで、建築現場ごとの必要費用の把握もできるという。

 同社はZACについて、作業工数の予実対比ができることや実績労務費の配賦ができる点、案件ごとに情報がひもづけられる点を評価。また、鹿島建設の関連会社であるグローバルBIMでZACが活用されており、そこでの運用が成功している点も採用のポイントになった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]