調査

AWSとMSのクラウド市場独占に懸念--英放送通信庁が中間報告

ZDNET Japan Staff

2023-04-07 10:32

 英国の放送通信庁(Office of Communications:Ofcom)は現地時間4月5日、英国におけるクラウド市場の競争について、中間報告を発表した。それによると、顧客が複数のクラウドプロバイダーを切り替えて利用することを困難にしている市場の特徴や慣行を、暫定的に特定したという。そして、とりわけ市場における地位が高いAmazon Web Services(AWS)とMicrosoftの慣行に懸念を抱いている。

 このためOfcomは、市場のさらなる調査を英国競争・市場庁(CMA)に依頼することを提案している。

 クラウドコンピューティングは、電気通信企業、放送局、公共機関など、経済のあらゆる企業にとって不可欠なものとなっている。ソフトウェア、ストレージ、ネットワーキングなどのサービスにリモートアクセスできるように、世界各地のデータセンターが利用されている。

 Ofcomは2022年10月に、英国のクラウドインフラサービス市場がどのように機能しているかを評価すべく、2002年企業法(Enterprise Act 2002)に基づいて調査を開始した。競争の強度に加え、他社の参入や中小企業の事業拡大を困難にすることで、この分野の革新や成長を阻害する可能性がある特徴について調査したという。

 英国の大手クラウドプロバイダーはAWSとMicrosoftで、両社合わせて市場の60〜70%を占めていることが判明した。Googleが市場シェア5〜10%でこれに続く。3社は「ハイパースケーラー」と呼ばれ、クラウド利用者の大半は何らかの形でこれらの企業のサービスを利用している。

 クラウドプロバイダーが新規顧客を獲得するために、革新的製品や割引を提供しているという点では、競争原理が働き、ユーザーは恩恵を受けている。その一方で、市場には以下のような懸念すべき特徴があることが分かった。

  • エグレス料金:ユーザーが、クラウドからデータを転送する際に発生する料金で、ハイパースケーラーは他社と比べて、高額な料金を設定している。このエグレス料金は、複数のクラウドプロバイダー利用や、他社への乗り換えを阻害する可能性がある。
  • 相互運用性に関する技術的制限:大手プロバイダーによるサービスは、他社サービスと効果的に連携できないようになっている。このため、複数クラウドを利用したいユーザーは、データやアプリケーションを再構成するという、さらなる労力を費やすことを強いられている。
  • 一定のサービス利用による割引:ユーザーに利益をもたらす可能性がある一方、割引の提供方法によっては、顧客の囲い込みを促進する場合がある。他社がより優れたサービスを提供している場合でも、ユーザーは割引を利用するために、クラウドに対するニーズの大部分もしくはすべてをハイパースケーラー1社でまかなおうとするためだ。

 こうした市場の特徴により、一部の既存顧客はプロバイダーとの取引を有利に進めることが困難になっている。クラウドユーザーは、契約更新の際に大幅な値上げに直面するなど、すでに弊害が指摘されているという。

 市場リーダーであるAWSの収益性が高く、Microsoftの収益が一貫して増加していることなどは、全体的な競争がすでに限界に達しつつあることを示唆している。

 このためOfcomは、クラウドインフラ市場のさらなる調査を行うよう、CMAに働きかけることを提案している。

 Ofcomは5月17日まで、中間報告とCMAへの調査依頼に関するフィードバックを受け付ける。最終報告は10月5日までに公開する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]