iOS版「Chrome」に4つの新機能--住所の地図表示やカレンダーの予定作成が容易に

ZDNET Japan Staff

2023-06-21 11:53

 Googleは米国時間6月20日、「iOS」版「Chrome」の利便性を向上させる4つの新機能を発表した。住所から地図上の場所を容易に見つけたり、カレンダーのイベントを素早く作成したりできるようになる。

1. 住所を地図で確認

 iOS版ChromeはAIを使ってウェブページ上の住所を検出できるようになった。検出された住所を長押しすると、Chrome内のミニ「Googleマップ」にその場所を表示できるようになる。これまでは地図アプリに切り替えて、その住所を検索する必要があった。

2. カレンダーのイベントを簡単に作成

 Chromeで直接「Googleカレンダー」のイベントを作成できるようになる。検出された日付を長押しして、Googleカレンダーに追加するオプションを選択するだけで、自動的にカレンダーイベントが作成され、時間や場所、説明などの重要な情報が入力されるという。

3. 翻訳機能の向上

 ウェブページの言語を検出して翻訳を提案する機能が向上し、外国語のページを開いた場合に自動で翻訳を提案するようになる。またChrome内で「Google翻訳」を使って、ページの特定の部分を翻訳することも可能になる。

4. 撮影した写真を「Googleレンズ」で検索

 数カ月のうちに、Googleレンズを使って、撮影した新しい写真やカメラロール内の既存の画像で検索を実行できるようになる。Googleレンズは、画像で検索を実行して、植物の名前を確認したり、リアルタイムで言語を翻訳したりできる機能だ。iOS版Chromeでは既に、ブラウジング中に見つけた画像を長押しして、Googleレンズを利用できる。

 この新機能は、iOS版Chromeのアドレスバーにあるレンズアイコンから利用できるようになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]