船井総合研究所、「ChatGPT」を用いた業種特化のAIチャットボットを構築

NO BUDGET

2023-07-07 11:03

 船井総合研究所は、同社による業種特化の反響獲得ノウハウとAI技術を組み合わせた、独自のAIチャットボットの実証実験を開始した。同社はこの実証を通じて高度な応答能力を持つチャットサービスの構築を目指すとしている。

 具体的には、米OpenAIの「ChatGPT」と船井総合研究所の反響獲得ノウハウを組み合わせ、Zohoが提供する「Zoho SalesIQ」のチャットボット機能に実装する。これにより顧客との対話型のコミュニケーションを効果的にサポートし、よりスムーズに反響獲得に結び付けるという。

 Zoho SalesIQは、Zohoが提供するウェブ接客/訪問者トラッキングツールで、他社が提供しているAI搭載型のチャットボットよりも安価に導入できる。なおChatGPTとZoho SalesIQの機能連携では、業種ごとに異なる応対が可能なプロンプトを組み込む。

AIチャットボットの開発概要
AIチャットボットの開発概要
サービスの画面イメージ
サービスの画面イメージ

 今後開発を目指すサービスでは、ChatGPTを活用することで、人間との対話に近い自然なやりとりを提供し、顧客の疑問や問い合わせに迅速かつ正確に応答することができる。従来のフローチャート形式のチャットボットでは対応できない、顧客の細やかなニーズにも適切に応答できるため、訪問者の離脱減少が期待できるとしている。

 また、船井総合研究所のコンサルティングの現場で生じた業種別の商談獲得・受注のノウハウをAIに学習させており、各業種で最適化された応答が可能だどいう。

 サービス導入以降も必要に応じてZohoの他のアプリケーションを用いることで、広範囲のDXを低コストで実現できる。チャットボットだけでなく、その後の顧客管理・営業管理やマーケティングオートメーションにつなげることで、アポイント獲得後の受注率向上に活用できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]