Google Labs、言語モデル「NotebookLM」の提供開始を発表--まず米国から

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-07-14 12:30

 Googleは人工知能(AI)に積極的かつ本格的に取り組んできている。そのことは、同社が「Google Bard」チャットボットを急きょ立ち上げたことを見ても分かる。そして同社は今回、「AIファーストなノートブック」機能をローンチし、AI製品をさらに拡充していこうとしている。

提供:Google
提供:Google

 「NotebookLM」というこの機能は、ノート作成ソフトウェアに対するGoogleの答えであり、言語モデルをその中核に据えたものとなっている。NotebookLMは一般的なチャットボットとは異なり、ユーザーが既に持っているコンテンツをベースに、ユーザーのコンテンツ理解をAIによって深めていけるようにする。

 Googleは同社ブログに「NotebookLMと従来のAIチャットボットの大きな違いは、NotebookLMではユーザーのノートや情報源を『土台にして』言語モデルが稼働するところにある」と記している。

 例えば、NotebookLMに「Googleドキュメント」の文書をドロップすると、その要約が自動作成されるとともに、重要なトピックや、ユーザーがその内容をより深く理解できるようにするための質問が提示される。

 また、アップロードした文書に関する質問をNotebookLMに投げかけ、重要な言葉の用語集や、特定の観点から見た要約を生成させることもできる。

 同ブログ投稿によると、投資家を募ろうとしている新興企業であれば、ピッチデック(新興企業が投資家向けに自社の概要や計画を説明するためのドキュメント)をアップロードし、投資家から出てきそうな質問を生成させることもできる。また、コンテンツ制作者であれば、動画のアイデアを共有し、動画の脚本を生成するよう指示することもできるという。

 NotebookLMはGoogle Labsの小規模チームによって開発された実験的な製品だ。同チームは、このテクノロジーの広範な展開に先立ち、テストを通じフィードバックを得てブラッシュアップしたい考えだ。NotebookLMは米国の少数のユーザーを対象に間もなくテストが開始される。興味のある人はウェイトリストに登録できる。

 このテクノロジーは、同社の開発者向け年次会議「Google I/O」において、AI関連の数々の成果とともに発表されたものであり、当初は「Project Tailwind」と呼ばれていた。またGoogleは米国時間7月13日、Google I/Oで発表していた、Google Bardのプロンプトで画像を使用できるようにする機能など、同製品に対する複数の追加機能も公開した

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]