茨城県、関係人口データを一元管理--移住希望者への最適な情報発信を目指す

寺島菜央 (編集部)

2023-07-24 16:55

 茨城県は、関係人口のデータを一元管理し、移住促進を図るため「つながるDX」を導入した。同システムを提供するキッチハイクが7月24日に発表した。

 キッチハイクによると、自治体や地域において「関係人口創出」に向けた取り組みが加速しているという。「関係人口」とは、移住した「定住人口」や観光に来た「交流人口」ではなく、地域内にルーツがあったり、過去に勤務していたりと地域と多様に関わる人々を指す言葉。東京圏などからの移住者を増やすため、自治体はさまざまな施策を展開しているという。

 つながるDXは、地域のファンクラブ会員やイベント参加者、移住問い合わせ者、ふるさと納税寄付者など、自治体に点在している関係人口データをクラウド上で一元管理できる。課や施策、事業を横断してデータの統合・分析が可能で、つながりの深度に応じて最適な情報発信ができる。また、関係人口の重なりや人数推移、属性などの不明瞭になりがちなデータを可視化し、効果検証の簡易化や業務効率化につなげられるとしている。

つながるDXで出来ること
つながるDXで出来ること

 茨城県では、ふるさと回帰支援センター内(東京都千代田区)のいばらき暮らしサポートセンターにおける移住相談の受け入れや、県内企業と関係人口をつなぐ「つながる茨城チャレンジフィールドプロジェクト」の実施を通して、移住や二地域居住の促進に取り組んでいるという。2023年度は、移住相談のさらなる強化を図るため、県庁に同システムの導入を決めた。

 今回の導入では、いばらき暮らしサポートセンターの移住窓口で受け付けた移住相談のデータを、担当者が同システムに入力。移住窓口と同県の移住担当課でシームレスに情報を共有し、移住希望者へ宛てたメールの送付や移住体験イベントの告知など、これまで難しかった継続的なアプローチを行うとしている。

いばらき暮らしサポートセンターにおけるつながるDXの活用方法
いばらき暮らしサポートセンターにおける、つながるDXの活用方法

 キッチハイクは、移住促進に取り組む自治体の支援を強化するため、同システムで移住相談を円滑に行うための機能を新たにリリースした。移住相談者の情報を管理するヒアリングシートをデジタル化することで、徹底したデータ管理と迅速な分析が行えるようになった。ほかにも、相談者に対してどのような対応を行ったのかが分かる応対履歴メモ機能を実装し、担当職員が異動した場合でも、負担無く引き継げるようにした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]