編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

茨城県庁、RPA導入で年間4万6000時間の削減効果を推定

NO BUDGET

2019-02-07 10:03

 茨城県庁では、4種の業務に絞ってRPA(ロボティックプロセスオートメーション)の実証実験(PoC)を実施。その結果、対象業務に掛かる職員の労働時間を86.2%削減できることを確認した。

 実証では、RPAソフト「UiPath」を活用した。同ソフトは、サーバ内でバックグラウンド実行する「サーバ型」と、PC内のエージェントとして機能する「クライアント型」に対応。今回は、個々の端末で業務を代行するクライアント型で実験導入を進めた。

 庁内で類似する40種類の業務に適用した場合、年間4万6000時間を削減できると推定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]