「Dropbox DocSend」、日本語を含む14言語に対応--ユーザー体験をさらに向上

河部恭紀 (編集部)

2023-07-26 12:56

 Dropboxの日本法人であるDropbox Japanは7月26日、「Dropbox DocSend」が日本語を含む14言語に対応したと発表した。

 Dropbox DocSendは、契約書、提案書、価格表といったビジネスドキュメントの容易なアップロードや一括送信を可能にする。共有するドキュメントの機密性によって、パスワード保護、アクセス制限、透かしなどの設定もできる。共有後はフォローアップのためにドキュメントの分析機能を使うことにより、開封率だけではなく、どのユーザーがどのページに最も多く時間を割いているのか、読み飛ばしているのかなどが把握可能。契約書など社内外で複数人が確認するドキュメントでは、コメントや変更内容をリアルタイムで共有でき、電子署名機能を使うことにより承認状況を確認できる。

画像3

 今回のアップデートで対応可能になった14言語は、日本語、英語(米国)、ドイツ語、フランス語、スペイン語、韓国語、イタリア語、オランダ語、スウェーデン語、ポルトガル語、デンマーク語、ポーランド語、中国語(簡体字・繁体字)。

 Dropbox DocSendは、世界中のスタートアップが190億米ドル(約2兆6862億円)以上の資金調達に活用し、資金調達の成功に不可欠なツールとなっているとDropboxは述べる。高度な分析機能により、スタートアップは投資家とのエンゲージメントに関する貴重な洞察を得ることができ、適切な投資家の優先順位付け、積極的なフォローアップ、最大の効果を得るための提案書類の最適化が可能になるという。

画像1

 Dropbox DocSendが提供する仮想データルーム(Virtual Data Room:VDR)を活用することで、複数のドキュメントを1つの場所にアップロードした後、1つの安全なリンクで資料を共有できる。VDRにおいても、個々のドキュメントへのアクセスを管理し、特定のファイルを閲覧する場合に秘密保持契約(NDA)を要求できる。最新のデータによると、VDRの利用は前月比28%増加しており、1つのフォルダーにて複数の資料を安全に共有することのニーズが高まっていることが明らかになっているという。

画像2

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]