オラクル、SUSE、CIQの新団体「OpenELA」--レッドハットに対抗

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-08-17 06:30

 CIQ、Oracle、およびSUSEは、新たな業界団体であるOpen Enterprise Linux Association(OpenELA)を設立したと発表した。これは画期的な動きだ。OpenELAは、「『Red Hat Enterprise Linux(RHEL)』と互換性のあるディストリビューションを開発し、オープンでフリーなエンタープライズLinuxのソースコードを提供する」ことを目標に掲げている。

OpenELA
提供:OpenELA

 OpenELAの設立は、Red Hatが最近になって、RHELのソースコードの公開条件を変更したことを受けたものだ。非営利団体であるOpenELAは、企業がRHELのソースコードにアクセスするためのオープンなプロセスを提供する。これによって、さまざまな組織がRHELと互換性のあるディストリビューションを作れるようになる。同団体は、互換性のあるディストリビューションを生み出すための基盤となる、コミュニティー主導のソースコードの重要性を強調している。

 この動きのきっかけになったのは、Red HatのRed Hat Core Platforms担当バイスプレジデントを務めるMike McGrath氏が、RHELのソースコードに対するユーザーのアクセス方法を変更すると発表したことだ(Red Hatに詳しくない読者のために説明すると、Core Platforms部門はRHELを担当する部門だ)。McGrath氏は、「RHEL関連のソースコードを公開するレポジトリは、今後『CentOS Stream』だけになる。Red Hatの顧客やパートナーは、引き続きRed Hat Customer Portalからソースコードを利用できる」と発表した。

 ソースコードの公開方法が変更されたことで、「AlmaLinux」、「Rocky Linux」、「Oracle Linux」などのRHELクローンを提供してきたベンダーは、RHELの派生ディストリビューションを完璧な形で作成することが難しくなった。AlmaLinuxは、Red Hatのソースコードに関する新しいルールに対応することを選択した。Oracleは再び、昔ながらの方法でIBM/Red Hatとの闘争を始め、SUSEはRHEL互換ディストリビューションをフォークすると発表した。また、Rocky LinuxはRHELのコードを入手する新たな手段を見つけた。そして今回の動きではOracleとSUSEが、Rocky Linuxの創始者が立ち上げた企業でRocky Linuxの商用サポートを提供しているCIQと手を組んだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]