テナブル、サイバーセキュリティ基盤全体に生成AIを統合する「ExposureAI」を発表

NO BUDGET

2023-08-16 06:00

 サイバーリスク関連ソリューションを提供するTenableは、新しい生成AI機能およびサービスである「ExposureAI」をリリースした。同サービスは、「Tenable One」サイバーエクスポージャー管理プラットフォーム全体にわたって利用できる。

 Tenable Oneは、脆弱性管理、外部アタックサーフェス管理 (EASM)、アイデンティティーセキュリティ、ウェブアプリケーションとAPIスキャン、クラウドセキュリティの各データを組み合わせて、弱点が攻撃に悪用される前に検出する。また、ExposureAIには、Snowflakeのデータレイクを活用した「Tenable Exposure Graph」の機能も搭載している。

 Tenableでは、600億を超えるサイバーエクスポージャーイベントと10億個の資産の継続的な評価から得られた8億を超える異なるセキュリティ設定を見てきた経験に基づき、最大級のサイバーエクスポージャーに関するデータストアを保有しているとする。ExposureAIは、それらのデータを利用することが可能だという。

 サイバーエクスポージャーは、さまざまなセキュリティツールからのデータを照合し、サイバー攻撃を受け保有資産が危険にさらされるリスクを測定する方法のことをいう。

 ExposureAIは、「Search(検索)」「Explain(説明)」「Action(アクション)」というサイバーエクスポージャー管理プログラムの基礎となる、生成AIベースの予防セキュリティ機能を提供する。

 「検索」の機能により、セキュリティチームは、自然言語検索クエリーを使用して質問することで、環境全体の資産とサイバーエクスポージャーの分析、関連するコンテキスト情報の把握、修復作業への優先順位付けを可能にする。

 「説明」では、サイバーエクスポージャーデータを活用した具体的な緩和ガイダンスを提供する。これによりセキュリティチームは、複雑な攻撃経路、特定の資産、セキュリティ調査結果の明確な可視性と簡潔な分析を得られる。

 「アクション」では、最も影響の大きいリスクに基づいて実用的なインサイトと推奨されるアクションを提供する。これによりセキュリティチームはリスクに対する先回りした対処、組織全体のリスクの軽減が可能となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]