調査

国内DC建設投資、2023年は16.4%増の3222億円に--ハイパースケールDCの増設需要が継続

ZDNET Japan Staff

2023-08-22 10:34

 IDC Japanは8月22日、国内データセンター(DC)事業者の投資予測を発表した。これによると、国内DCの新設/増設に対する投資は、2023年に前年比16.4%増の3222億円となる見込みという。

 また、2024年は2023年から約1.55倍の拡大となり、5000億円を超えると予測。2024~2027年にかけても毎年5000億円を超える投資規模が継続すると見ている。IDCによると、これはクラウドサービス向けハイパースケールDCの増設需要が、東京・大阪の郊外で拡大する傾向が継続しているためという。

 東京郊外では、以前からDC建設が進められている千葉県以外に、東京西部における建設が増えている。大阪郊外では、京都府でもハイパースケールDCの建設が進められている。こうした建設需要を見込んで不動産投資マネーが流入しており、DCファシリティー(建物、設備)市場に新規参入する企業も増えているとのこと。

 さらに、建設業界全般にわたる人手不足や、世界的なインフレや原材料の価格によって、DC建設コストが上昇していることも、建設投資額を増大させる要因となっている。IDC Japan Software & Services リサーチマネージャーの伊藤未明氏は「クラウドサービス市場の高成長率を考慮すると、建設コスト上昇によってDC投資意欲が縮小するとは考えられない。建設部材や設備機器の納期遅れの影響により、建設プロジェクトが遅れることはあるにしても、建設投資そのものを取りやめるといった事態にはならないだろう」と分析する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]