関西電力と米CyrusOne、ハイパースケールデータセンターに1兆円以上を投資

ZDNET Japan Staff

2023-05-22 17:57

 関西電力は5月22日、米データセンター事業者のCyrusOneと新会社「関西電力サイラスワン」を設立すると発表した。首都圏と関西圏でハイパースケールデータセンター事業を展開し、今後10年間で1兆円以上を投資するという。

 新会社には両社が50%ずつ出資する。今後10年程度で総受電容量2900メガワット規模のデータセンター事業を展開する。第1号案件として、既に関西圏に建設地を確保し、早期の工事に着工に向けて準備を進めていくことにしている。

 新規事業について関西電力 代表執行役社長の森望氏は、「新会社では、関西電力グループが培ってきたエネルギー事業や不動産事業、情報通信事業などにおける知見やノウハウを最大限活用し、CyrusOneと力を合わせてハイパースケールデータセンター 事業を力強く推進していく」と表明。データセンター事業をエネルギー、送配電、情報通信、生活・ビジネスに並ぶ中核事業に成長させてくとした。

 CyrusOne 社長 兼 最高経営責任者(CEO)のEric Schwartz氏は、「相互の接続性が高まっていく世の中でデータセンターはデジタルインフラを支える中軸。電力会社はエネルギー供給の生命線を担っている。この2社の提携により持続可能性といった地球環境問題を解決し、顧客ニーズに合わせた高信頼性およびコスト効率を有した最適なエネルギーソリューションを提供することができる」と述べている。

新会社設立の狙い(関西電力資料より)
新会社設立の狙い(関西電力資料より)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]