クラウドストライク、セキュリティ向けノーコード開発基盤を発売

ZDNET Japan Staff

2023-09-27 10:07

 クラウドストライクは、ノーコード開発基盤「CrowdStrike Falcon Foundry」を発売した。同社の顧客とパートナーが同社のデータを活用したカスタムアプリを開発できるようになる。サイバーセキュリティ分野でのノーコード開発基盤は初だという。

 CrowdStrike Falcon Foundryは、直感的な開発のためのインターフェースを備える。ユーザーは、ステップに従ってドラッグ&ドロップ操作のノーコード手法を用い、アプリケーションを数分で開発できるとする。ユーザーが開発するアプリは、クラウドストライクのセキュリティ対策プラットフォーム「CrowdStrike Falcon」と連携できる。

 同社は、ユーザーがカスタムアプリを容易に開発できるようにすることで、セキュリティ対策の運用業務の統合・自動化(SOAR)を推進したり、CrowdStrike Falconあるいはサードパーティーのセキュリティ関連データをカスタムアプリに取り込んで分析したり、インシデント対応を迅速に行ったりできるなど、セキュリティ対策の取り組みを強化していけると説明する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]