ミズノ、データ活用基盤を「Microsoft Azure」で構築へ--データドリブン経営などの推進

NO BUDGET

2023-09-29 08:54

 スポーツ用品メーカー大手のミズノは、データドリブン経営の推進などを支援するデータ活用基盤の構築を進めている。プロジェクトを受注したNECは、「施策検討」「基盤検討」「導入」「運用」をワンストップで支援する。データ活用基盤は「Microsoft Azure」で構築される。

 まずは同社が提供する商品の購入やサイト内の回遊、スポーツサービスの利用といったさまざまな接点(タッチポイント)における顧客の行動履歴を一元管理し、可視化を進める。これによって顧客体験(CX)やブランド価値の向上を目指す。将来的には、データ活用部門を順次拡大し、グローバル全社でのデータ活用や人工知能(AI)を使った高度なデータ分析などを計画している。

 ミズノでは、競合他社との差別化や市場環境の変化に迅速に対応するため、消費者に直接訴求するマーケティングの強化やデータドリブン経営の推進を検討していた。しかし、現状では顧客情報がサイロ化した形で管理されており、複数システムにわたるデータ収集が難しい状況だった。またビジネス部門が経営にかかわる特定のデータを利用したい場合でも、すぐに提供できる仕組みが存在しなかった。

データ活用イメージ(出典:NEC)
データ活用イメージ(出典:NEC)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]