ハイブリッドワークとクラウドの普及でIT部門の責任はさらに重く

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-10-03 12:55

 従業員がハイブリッドワークになり、アプリケーションがクラウドプラットフォームに移行したことで、企業のネットワークも拡大し、IT部門やセキュリティ部門の責任が大きくなっているという。Cloudflareが公開した調査結果で明らかになった。

雲のイメージ
提供:Getty Images/Andriy Onufriyenko

 例えば、ITセキュリティ担当者の52%は、現在はオンサイトで働く従業員とリモートで働く従業員の両方のセキュリティを担当しているが、5年前には担当していなかったと述べている。また46%は、5年前には担当していなかったパブリッククラウドプラットフォームのアプリケーションの管理とセキュリティ確保を担当するようになったと回答していた。

 このオンライン調査は、アジア太平洋地域、欧州、北米、中南米のIT意思決定者449人を対象としてForrester Consultingが実施したものだ。

 この調査では、回答者の53%が、5年前には業務に含まれていなかったコンプライアンス対応業務の責任を負っていることも分かった。

 ITプロフェッショナルは、これらの新しい業務に対応することが難しくなっていると感じており、回答者の30%は、SaaS環境におけるパブリッククラウドプラットフォームとデータの管理とセキュリティは、2020年よりも著しく複雑になったと述べている。

 また、ハイブリッドな働き方を支えるためにSaaSベースのアプリケーションの導入が進む中、IT環境やセキュリティ環境を管理しきれなくなっていると答えた回答者も40%近くに上った。

 管理しきれなくなった理由として最も多かったのはアプリケーションの総数の急増(66%)で、それに次いで多かったのはアプリケーションのホスティング場所の増加(62%)だった。また、54%はオンプレミスからクラウドへの移行を、49%はハイブリッドワークやリモートワークへの移行を理由として挙げている。

 さらに、半数近くの組織でユーザーの数と種類が増加しており、人間だけでなく、機械やサードパーティーのシステムも含まれるようになったことが分かった。従業員の生産性と安全性を確保しながらこうしたビジネス環境を管理する必要があることから、IT部門ではさまざまな課題が発生している。

 回答者の44%は、最重要課題としてチームの生産性を向上または維持することの難しさを、また別の44%は、拡大し続ける攻撃対象領域のセキュリティ確保を課題として挙げていた。

 Cloudflareのシニアバイスプレジデント兼最高製品責任者を務めるJen Taylor氏は、調査結果を紹介する記事の中で、「IT部門やセキュリティ部門は、途方もない課題を担わされている」と述べた。

 Taylor氏は、それらの部門はリモートユーザーとオンプレミスユーザーの両方が企業のインフラや、複数のクラウドプラットフォームや、SaaSアプリケーションに接続できるようにする必要があるが、多くの企業はそれぞれが異なるインフラ、コンプライアンス要件、業務プロセスや環境構成を持っているため、それを実現するのは非常に困難だと指摘した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]