海外コメンタリー

仕事とプライベートを切り離したい人へ、5つのアドバイス

Mark Samuels (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-10-31 06:30

 最近では誰もが常にネットワークに繋がっており、私たちはいつでも誰とでも連絡が取れるような気になっている。その上、ハイブリッドで柔軟な働き方への移行が進んできたことで、仕事とプライベートな生活の境目が一層分かりにくくなった。

列車で移動中にノートPCで仕事をする人
提供:Maskot/Getty Images

 この記事では、5人のビジネスリーダーに、仕事とそれ以外のプライベートな生活を切り離すためのベストプラクティスを聞いた。

1.適切なバランスを見つける

 英国の個人向け保険会社Hastings Directの最高情報責任者(CIO)Sasha Jory氏は、成功の鍵はリズムを見つけることにあると話す。「キャリアを通じて幼い子供を育てながら働いてきたワーキングマザーである私は、一日のリズムを見つけた」と同氏は言う。「私は朝7時にオフィスに出て、4時には帰る。9時間か10時間はしっかり働いて、それから家に帰るようにしている」

 Snowflakeが開催した「Data Cloud World Tour」のロンドン回で米ZDNETの取材に応じてくれたJory氏は、帰宅中の電車の中が重要な切り替えの場だったと述べている。

 「仕事が残っていても、そこで電子メールで片付けられたため、電車を降りたあとはすべての時間を子どものために使えた」と同氏は言う。Jory氏は、出世するに従ってリズムを守るのは少し難しくなり、特に幹部になると難しさは増すと認めた。「しかし私は、いつもその瞬間瞬間に全力で向き合うように心がけている」と同氏は言う。

 同氏は、「子どもと一緒に昼ご飯を食べるときには、子どもだけに集中するようにすべきだ。何か危機的な状況やインシデントが起きた場合は、子どもたちに何が起きているかを説明すれば、きっと理解してくれる」とも付け加えた。

 同氏はそのほかに、友人や健康のためにも時間を費やしており、これにはスポーツに熱心に取り組むことも含まれている。

 簡単に言えば、成功の鍵は適切なバランスを見つけることだ。Jory氏は「私はいつも、自分のチームに対して、『この問題はどうせ明日になっても逃げていったりはしない』と言っている」と述べた。

2.柔軟な対応を心がける

 人材紹介会社であるHarvey Nashでテクノロジー担当役員やデジタル担当役員を紹介する部門の責任者を務めるLily Haake氏は、ポストコロナ時代になってから、仕事とプライベートを切り分けることの難しさがさらに浮き彫りになったと語った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]