NTT Com、「テレワーク施設活用ガイドライン」を発行--日本テレワーク協会が監修

NO BUDGET

2023-12-14 13:12

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は12月13日、日本テレワーク協会(JTA)の監修のもと「テレワーク施設活用ガイドライン」を発行した。

 このガイドラインは企業が従業員へテレワーク施設の利用を許可する際に、管理部門が考慮すべき内容と、利用者が遵守すべき内容について記載している。テレワーク全般やセキュリティ対策に関する政府のガイドライン(総務省や厚生労働省が発行)と併用することで、適切にテレワーク施設を選定し活用できるとしている。

 NTT Comは、同ガイドラインを発行する背景として、テレワーク施設の需要の急増を挙げている。企業におけるテレワーク施設の利用は2年で約2.5倍になっているという。その一方で、労働時間の管理や施設の選定方法といった制度面に加え、セキュリティについての検討が不十分なケースもある。

 実際に、制度やセキュリティに関する整理が進んでいないことから、テレワーク施設の導入に障壁を感じるという企業の声があり、こうした課題を解決するため今回の発行に至ったという。

 またNTT Comは、同ガイドラインと併せてテレワーク施設の検索・予約ができるサービス「droppin」を提供することで企業のテレワーク施設の活用を後押しするという。droppinはNTT Comが提供するサービスで、スマートフォンから全国700カ所以上のシェアオフィスや個室・会議室の検索・予約ができる。外出時の隙間時間にオフィスや自宅以外の場所で作業することや、フレキシブルなワークスタイルを導入・推進したい企業に対して多様な働き方を支援する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]