東京ドーム、プロジェクト管理アプリ導入--コミュニケーションの最適化へ

NO BUDGET

2023-12-20 08:00

 東京ドームは、プロジェクト管理アプリ「KANNAプロジェクト」を導入した。提供元のアルダグラムが発表した。今回の導入を機に東京ドームは施設部の業務効率化を促進し、「付加価値の高い業務への時間」の創出につなげるとしている。

 同アプリでは、PCやスマートフォンで最新情報や進捗(しんちょく)状況を時間や場所の制約を受けずに確認でき、電話やメールによる連絡の手間も省ける。そのため、災害発生時や自宅待機を余儀なくされる場合でも、スマートフォンがあれば復旧対応に向けて情報共有が可能となる。過去の情報の検索時間を短縮できるため、業務の工数削減も期待される。

 東京ドームの施設部門は、多数の施設に対して修繕管理を行っている。これらの作業は、日々同時並行で複数の案件が進行しており、案件ごとの進捗状況の確認に工数がかかっていた。さらに東京ドームシティは誕生から20年以上が経過しており、過去の情報集約の手法が属人化していた。そのため、修繕案件ごとに社内の多数の部署との会議や、複数の協力会社との電話やメールのやりとりが個別に発生していたという。そこで、シフト制の勤務体系においても効率的なコミュニケーションを実現する仕組みが求められていた。

東京ドームにおけるKANNAプロジェクトのチャット利用例
東京ドームにおけるKANNAプロジェクトのチャット利用例

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]