野村不動産コマース、経営管理SaaSの導入で収支管理の精度を高度化

NO BUDGET

2024-01-18 09:14

 野村不動産コマースは、ログラスが提供する経営管理SaaS「Loglass 経営管理」を導入した。表計算ソフトによる煩雑な経営管理を見直し、プロジェクトや取引先、業務に応じた収支管理を高精度に行える経営管理体制の構築を目指している。

 野村不動産コマースは、野村不動産グループの商業施設分野を担い、日本全国の商業施設開発におけるコンサルティングから施設運営までを一貫して手がけている。これまで同社は、経営管理業務を表計算ソフトで行ってきた。しかし、業務拡大に伴って取り扱うデータ量が増加したことにより、意図しない数字の打ち換えや数式の更新漏れといった人的ミスの増加、作業中にPCが頻繁にフリーズするといった問題が発生していた。また、これらの作業に業務時間の大半を割く必要があり、本来の重要な分析や資料作成業務に注力できない、ファイルの数式やリンクの複雑化により作業が属人化しているという課題を抱えていた。

 Loglass 経営管理については、1000以上のプロジェクトを管理できることやプロジェクト別の収支をレポート機能により可視化できることなどを評価。また誰もが使える直感的な操作性も採用の決め手となった。

 今後は、表計算ソフトでは困難だったプロジェクト別・取引先別・業務別の収支管理を高い精度で進め、意思決定に活用していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]