「invox電子帳簿保存」、基本料金に含む書類保管件数が100万件に増加へ

河部恭紀 (編集部)

2024-01-23 11:15

 invoxは1月23日、「invox電子帳簿保存」の基本料金に含まれる書類保管件数を5万件から100万件に増加すると発表した。10年間にわたって100万件保管する場合、年間10万件(月間約8333件)までの利用であれば、追加費用なく保管が可能となる。

 電子帳簿保存法では文書の保管期間として7年間(最長10年)が定められているが、書類保管件数の多い事業者の一部では、invox電子帳簿保存の基本料金に含まれる書類保管件数5万件を超過してしまうケースがあるとinvoxは述べる。そのため、ほとんどの事業者が電子帳簿保存法によって定められる以上の長期間にわたり、追加料金が発生することなく安心して利用できるよう、基本料金に含む保管件数の増加を決定したという。

 現行の料金プランでは、5万件までが基本料金に含まれ、超過分は5万件ごとに月額税別500円で追加可能。2024年2月の利用分からは、100万件までが基本料金に含まれ、超過分は100万件ごとに月額税別1万円(税込1万1000円)で追加可能と変更される。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]