CIOの「人起点」DXマニフェスト

生成AIの現在とビジネス価値に変える活用シナリオ

水谷広巳 (Ridgelinez)

2024-02-01 17:00

 本連載は、「CIOの『人起点』マニフェスト」をテーマに、Ridgelinezの最新の知見をお届けしている。今回は、「生成AIをビジネス価値に変える活用シナリオ」の前編として、生成AIの活用に向けた気運が高まりつつある日本の現状や世界のビッグテック動向を紹介しながら、大きな期待がかかるシステム開発での生成AI活用などについて考えてみたい。

生成AIのビジネス活用に向けた気運が高まる日本

 多くの人々が生成AIをリアルな体験として実感するきっかけとなったのは、おそらく2022年11月の米OpenAIによる「ChatGPT」のリリースだっただろう。それからわずか1年足らずで世界でも最大の関心事の一つとなった生成AIは、新たな思考法やロジックによって、私たちの生活やビジネスを一変させる。文字通り「人工知能」としての大きな期待を集めている。そして現在、生成AIの非常に高いポテンシャルを享受すべく、世界中の企業や技術者が新たなソリューション開発を競っていることは周知の通りだ。

 こうした中、日本は生成AIの活用に向けた気運が世界的に見ても高いことをご存じだろうか。とかくITの世界で日本は、世界のビッグテックの後塵を拝することが多いが、IDC Japanが2023年に実施した生成AI活用に関するアンケートでは、「可能性のある適用分野について検討を始めた」「生成AIに投資する/している」と回答した日本企業の割合が、世界平均を上回っていることが明らかになった。

 また、エクサウィザーズが行った調査の結果では、生成AIの活用に対する重要な取り組みとして、「生成AIの利活用戦略」と「生成AIの知識」が上位に挙げられている。つまり、多くの企業は自社のビジネスにおける生成AIの活用領域を明確化し、そのための正しい知識を習得していくことが重要なファーストステップだと考えているのだ。その意味でも、最高情報責任者(CIO)などのビジネスリーダーたちがまず生成AIに対する理解を深めておくことは、喫緊の課題だと言える。

生成AI活用に当たり必要とされるもの(出典:エクサウィザース)
生成AI活用に当たり必要とされるもの(出典:エクサウィザース)

生成AIの活用を成功に導く3つのフェーズ

 生成AIを実際に自社のビジネスで活用していく上で、大きく分けて(1)導入フェーズ、(2)定着・活用フェーズ、(3)価値創出フェーズ――の3つがある。

 まず(1)導入フェーズは、例えば、ChatGPTを使って企画のアイデア出しをやってみる、あるいは簡単なテキストを要約させてみるといった用途で、生成AIがどのようなものかを体験する段階だ。生成AIにはさまざまな種類があるが、導入フェーズにおける親しみやすさという点では、現状で最も広く知られているChatGPTが1つの選択肢だろう。

 次の(2)定着・活用フェーズは、比較的分かりやすい業務の中で生成AIを使ってみる段階だ。ここでは自社の業務データを使って、生成AIの挙動を確認しながら、改善を繰り返していくことになる。このフェーズでよく選ばれる用途には、チャットボットを使った消費者からの問い合わせ対応業務などがある。

 最後の(3)価値創出フェーズでは、生成AIの自然言語処理機能を担う大規模言語モデル(LLM)と自社のビジネス固有のデータを連携させることによって、新規ビジネスの開拓といった経営課題に取り組んでいく。これは、まさに人間による意思決定を高度化し、新たなビジネス価値を創出していくために、生成AI活用で目指すべきゴールである。

生成AI活用の3つのフェーズ
生成AI活用の3つのフェーズ

 一方で、押さえておきたいのが、生成AIを自社のビジネス要件に応じて効果的に活用するための4つのポイントだ。これらは前述の3つのフェーズにおいて、確実に目的を達成するために不可欠の要素でもある。具体的には、下図の(1)LLMや関連技術の理解と選択、(2)AIアシストによるシステム開発、(3)マルチモーダルAI、(4)最高AI責任者――が挙げられる。それぞれの内容については、次回の記事も含めて後ほど説明していくので、まずは頭にとどめておいていただきたい。

生成AI効果的活用のための4つのポイント
生成AI効果的活用のための4つのポイント

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]