今治造船、支出管理クラウドを導入--電帳法対応とペーパーレス化に対応

NO BUDGET

2024-01-31 14:45

 造船大手の今治造船(愛媛県今治市)は、経費精算クラウド「TOKIUM経費精算」と請求書受領クラウド「TOKIUMインボイス」を導入した。TOKIUMが1月30日に発表した。

 今治造船はこれまで、経費の支払いや精算といった業務を紙中心で運用してきたが、コロナ禍で大きな課題となり、業務の滞りや複数拠点での運用においてペーパーレス化が必要不可欠な要素となっていた。また、インボイス制度と電子帳簿保存法への対応のため、新たなシステムの導入が求められていた。

 TOKIUMのサービスについては、請求書などのペーパーレス化が可能となり作業場所を選ばない効率的な運用が実現できたと評価している。またユーザーが意識せずとも法制度に対応できる点も高く評価された。

 また、TOKIUMのオペレーターが、紙情報のデータ化や紙の請求書原本の代行受領、領収書・請求書の保管まで代行する。専任のコンサルタントがシステムの運用開始までサポートし、社内からの質問対応や取引先への案内も行う。

 今後、今治造船は請求書の受け取り代行サービスを活用し、さらなる業務の効率化とペーパーレス化を進めていく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]