New Relic、「New Relic Live Archives」一般提供--履歴ログへの即時アクセスを可能に

河部恭紀 (編集部)

2024-03-13 16:22

 New Relicは、「New Relic Live Archives」機能の一般提供を開始した。迅速でアクセスしやすい長期的なログ保存ソリューションにより、組織のコンプライアンスリスクへの対応強化を支援する。

 組織は、バーゼル規制、CIS基準、PCI DSS、SOX、SOC 2などの規制を順守するため、ログを数年間保持することが必要となる場合がある。しかし、長期ログの保存は、ホットストレージソリューションかコールドストレージソリューションのいずれかを選択せざるを得ない状況にこれまであったという。

 ホットストレージソリューションは、使いやすいものの膨大なコストがかかる。コールドストレージソリューションは、過度に手間がかかり、履歴ログをアクティブな状態に移動する必要が発生すると、隠れたコストや想定外の請求が生じることも多い。

 Live Archivesは、全てのログをNew Relic データプラットフォームに保管するので、運用ログと同様の扱い慣れたログ管理エクスペリエンスを提供し、履歴ログのクエリーと分析を即座に実行できる。

 履歴ログデータを分析のためにクラウドの内外に移動させることやインデックス作成、フォーマット変換、追加のログツール使用により発生する支払いを回避できる。競合となる主要な長期的ログ保存ソリューションと比べ、Live Archivesが実現し得る最大価値としてコストを4分の1まで低減可能だという。

 履歴ログを最長7年間アクティブな状態に保ち、履歴ログの保存とアクセスを効率化し、データのリハイドレート(データを使用できる状態に戻す工程)、リロード、再インデックス、手動による介入、分析のために複数の場所または階層に移動する必要性を省ける。

 New Relicでは、「30秒で設定が可能」としている。。「New Relic Query Language(NRQL)」を使って、どのログを保管するかを簡単に定義できる。新たなログ収集の仕組みを導入する必要はなく、現在のログを使用してLive Archivesに何を保存するかを決定できる。

 重要な法的証拠開示やコンプライアンス監査の要求にすぐに対応可能なログクエリーで、規制要件を迅速に満たすことでコンプライアンス対応時間を最小化する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]