テックタッチ、企業向け生成AI活用プラットフォームのβ版を提供

NO BUDGET

2024-03-15 16:48

 テックタッチは3月13日、企業向けの生成AI活用プラットフォーム「Techtouch AI Hub」のβ版をリリースした。2024年3月時点では、「GPT-4 turbo」「GPT-4」「GPT-3.5 turbo」のモデルを利用できる。

 同プラットフォームは、ウェブページ上でシームレスに生成AIを呼び出し、サイドバーをあらゆるページに組み込むことでAIをシームレスにビジネス活用できる。またユーザーの利用状況を可視化する管理・分析機能を備えている。

 生成AI活用支援では、利用中の業務システムや閲覧ページの情報から作業内容を判断し、業務に合わせた大規模言語モデル(LLM)との対話を促す。またプロンプトを活用することにより、メールの自動要約、顧客からの問い合わせへの回答の自動作成、校正、業務システムへの自動入力、ワークフローの自動作成など、あらゆる業務を効率化できる。

 さらに社内AI活用推進者のアイデアを迅速に実装して効果測定を行えるほか、有効活用しているユーザーの利用パターンを分析・特定して全社に展開するための分析機能を搭載している。さらに直感的なノーコードエディター機能を通じて、各アプリケーションを簡単に作成・編集できる管理画面を提供している。同エディターを使用することで、その法人独自の業務内容や独自の規定に合わせて運用できるとしている。

 セキュリティ面では、メンバー管理・権限管理、監査ログ対応、シングルサインオンなどの機能を、これまでの企業への導入実績をもとに提供するという。

 加えて、生成AIで効率化したい業務、現状の業務課題に関する分析やAI活用アイデアの提示などを、同社のコンサルタントが支援する。これにより継続的なプロンプトの改善、最適化が実現できるとしている。

 同社によると、生成AIのビジネス活用では従業員のITリテラシーや担当業務、活用意欲などによって利用率が伸びないこともあるという。具体的には効果的な活用事例のアイデア出し、自社業務へのカスタマイズ、利用促進などのノウハウがなく、普及が進まないという課題を抱えている企業が多い。

生成AIのビジネス活用における課題
生成AIのビジネス活用における課題

 これに対し同社では、「テックタッチ」などデジタルアダプションプラットフォーム(DAP)領域で培った、技術・ノウハウを生かせるとし、同プラットフォームの開発に至った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]