マイクロソフト、「Teams」のバンドル提供を廃止--法人向け生産性スイートで

Don Reisinger (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2024-04-02 10:16

 Microsoftは、ビデオ会議アプリ「Teams」を法人向けの「Microsoft 365」と「Office 365」から切り離す。

リアルとオンラインで会議をする人々
提供:Microsoft

 同社は米国時間4月1日、Teamsをこれらの生産性スイートに含めるのをやめ、1ユーザーあたり月額5.25ドル(約800円)で提供すると発表した。また、Teamsを含まないMicrosoft 365 E1/E3/E5とOffice 365 E3/E5を1ユーザーあたり月額7.75~54.75ドル(約1200~8300円)で提供する。

 Teamsは、Salesforce傘下の人気プラットフォーム「Slack」に対抗するサービスで、メッセージの送信、ファイルの共有、ビデオ会議などができる。

 MicrosoftがTeamsをOfficeにバンドルする動きは、オフィス生産性市場でやや優位な立場を利用してSlackを打ち負かそうとしているとして、競合他社から批判された。Slackは2020年7月、TeamsをOfficeにバンドルすることでMicrosoftが不当な優位性を得たとして、欧州連合(EU)に苦情を申し立てた。

 EUはまだこの件を調査中だが、Microsoftは2023年8月、欧州経済領域(EEA)およびスイスでTeamsをOfficeから切り離すと発表した。これは、EUの競争監視機関である欧州委員会がTeamsのバンドルについて調査を開始したことを受けたものだ。今回の発表により、この対応が世界中で適用されることになる。

 欧州委員会がMicrosoftの行為を反競争的と判断した場合、年間売上高の最大10%の罰金を科す可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]