Opera、LLMをダウンロードしてローカルで利用する機能を開発者版で提供

Artie Beaty (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫

2024-04-04 09:56

 ブラウザー「Opera」のユーザーにうれしい新機能が発表された。デバイス上で完全にローカルな形でOperaから利用できる大規模言語モデル(LLM)だ。

 Opera Softwareの発表によると、ユーザーがLLMをダウンロードし、内蔵機能を通じてローカルで使えるのは、主要ブラウザーでは初めてだという。これにより、サーバーにデータを送信することなくOperaでLLMを利用できる。この機能は、「AI Feature Drops Program」の一環として、「Opera One」の開発者向けストリームで提供される。AI Feature Drops Programとは、実験的な人工知能(AI)機能をアーリーアダプターがテストできるプログラムだ。

 利用できるLLMは、Googleの「Gemma」、Mistral AIの「Mixtral」、Meta Platformsの「Llama」、オープンソースの「Vicuna」などで、合計すると約50系統150種類のLLMが利用できる。

 Operaによると、各LLMの容量は2GBから10GBで、専門化されたLLMほど必要な容量が少ないという。また、ハードウェアの演算能力にもよるが、ローカルのLLMはサーバーベースのものよりも処理速度かなり遅くなる可能性があるため注意が必要だという。

 Operaはおすすめのモデルをいくつか挙げている。「Code Llama」はコードの生成と検討を目的にLlamaを拡張したものだ。Mixtralはテキスト生成や質問への回答などの自然言語処理タスクに幅広く対応している。Microsoft Researchの「Phi-2」は、「推論と言語理解で抜きんでた能力を示している」言語モデルだという。

 今回の機能を試すには、開発者向け「Opera One developer」の最新版にアップグレードする必要がある。アップグレードしたら、サイドパネルのAIチャット「Aria」を開き上部のドロップダウンボックスで「ローカルAIモデルを選択」(choose local mode)を選ぶ。次に「設定に移動」(Go to settings)をクリックしてから、ダウンロードしたいモデルを探す。選んだLLMがダウンロードされたら、左上にあるメニューボタンをクリックして、新しいチャットの開始を選ぶ。すると、ダウンロードしたモデルを選択してチャットを始められる。

 OperaのネイティブなAIであるAriaに戻すまで、選んだLLMがAriaの代わりを務める。

提供:Opera
提供:Opera

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]