インテック、災害や障害に強い「最上級レジリエンス」のEDI基盤を提供開始

ZDNET Japan Staff

2024-05-14 12:32

 インテック(富山市)は5月14日、「最上級のレジリエンス」を実装したという新EDI(電子データ交換)サービス「EDIプラットフォームサービス」を発表した。同日から提供しており、システムの並列、分散、遠隔の稼働によって、万一の災害や障害でも「止まらないEDIサービス」を実現しているという。

 EDIプラットフォームサービスは、遠隔地の2拠点で常時並列稼働し、常時データを同期することで、災害時の目標復旧ポイント(RPO)を災害発生の直前に、災害時の目標復旧時間(RTO)を限りなくゼロにしているという。これには、同社独自の技術(特許取得:特許第6583975号)を活用しているとのことだ。

 また、無停止のメンテナンスも実現している。万一1つの拠点が被災などに遭っても運用を複数拠点にすることで、「止まらないEDIサービス」を可能にした。

サービスイメージ(出典:インテック)
サービスイメージ(出典:インテック)

 同サービスは、企業間で発生する受発注や出荷、返品、請求、支払いなどのデータ交換をワンストップで行うインターネットEDIで、マルチプロトコルにも対応する。同社の従来のEDIサービスでは、事業継続性のための災害復旧(DR)がオプションだったが、今回のサービスでは極めて高い可用性を標準的に備えているので、DRのオプションを採用する必要がないとしている。

 同社は、NTTグループでのPSTN網からIP網への移行に伴い、今後はインターネットEDIなどのサービス展開を推進して、企業顧客のEDI環境向上と顧客の本業での競争力強化を支援するとアピールする。EDIプラットフォームサービスの利用価格は個別見積もりで、従来サービスと同等程度になるとのこと。同社は2026年までに100社の新規利用を見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]