AIの台頭により、業界で需要が高まりつつある新たな職務とは

Joe McKendrick (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2024-06-20 10:17

 人工知能(AI)の構築や保守にデータサイエンティストや「Python」を使う開発者が必要なことは知られている。Constellation ResearchのプリンシパルアナリストであるAndy Thurai氏は、今後数年もすると新たな職種も目にするようになると示唆している。こうした職種は、今は奇妙に聞こえるかもしれない(それに、同氏はわざとそのような名称を選んでいる)が、その果たすべき役割は、新興のAI関連企業にとって欠かせない業務で必要とされるだろう。

  • プロンプトウィスパラー(Prompt Whisperer):うまいプロンプトを作成してAIモデルから最良のアウトプットを得る。
  • ハルシネーションラングラー(Hallucination Wrangler):無意味または主題から外れたコンテンツを生成し始めた場合にAIモデルを制御する。
  • データDJ(Data DJ):データセットを結合および照合して、AIモデルの理想的なトレーニング方法を生み出す。
  • バイアスバスター(Bias Buster):AIアルゴリズムに存在するバイアスを特定し軽減する。
  • シンセティックソムリエ(Synthetic Sommelier):ある用途に最良のAI生成コンテンツをキュレートして推奨する。
  • デジタルパペットマスター(Digital Puppet Master):さまざまな用途にAIキャラクターをデザインし制御する。
  • アルゴリズムアルケミスト(Algorithm Alchemist):さまざまなAI手法を試して革新的なソリューションを生み出す。
  • ニューラルネットワークナニー(Neural Network Nanny):潜在能力を最大限発揮するようにAIモデルを育ててトレーニングする。
  • リアリティーチェックオフィサー(Reality Check Officer):AI生成コンテンツの正確性や信頼性を検証する。
  • チーフクリエイティブカタリスト(Chief Creative Catalyst):AIを利用したクリエイティブを担当するチームを監督し、鼓舞する。
  • キルスイッチエンジニア(Kill Switch Engineer)またはAIテイマー(AI Tamer):AIが主導権を握ろうとしている場合にケーブルを引き抜き始める(これが最も現実味のある仕事だ!)。

 ビジネステクノロジーの世界では、業界の有力者が、AIというじゃじゃ馬に手綱を付けるさまざまな新しい職務に対する需要の高まりを目にしている。おそらく、Thurai氏が提案した肩書きそのままではないだろうが、担当する業務は同じだ。

 たとえば、経営陣レベルでは、Revatureでソリューションコンサルティング担当のグローバル責任者を務めるAnurag Gupta氏が、AI関連のリーダーは「生成AIプロジェクトのビジョンや基準、ロードマップを定めるのに不可欠」だと考えている。

 これには、最高AI責任者が含まれるかもしれない、とGupta氏は米ZDNETに語った。AI製品マネージャーにも注目が集まっており、「AIを活用した製品やサービスの設計、開発、管理を支援する上で重要な役割を果たしている」という。また、「企業が現実世界の問題を解決するAIソリューションの開発や導入、保守に新しい手法を適用する中で、生成AIエンジニアに対するニーズが高まり続けている」。

 AIに関連する多くの新しい職種に共通する特徴は、「AIトランスフォーメーションという領域の一部と考えられる、とEightfold AIの最高エコノミストでインサイト担当責任者でもあるSania Khan氏は言う。こうした職種は、「それぞれの職務に適切なAIツールを選び、迅速性や生産性、従業員の関わりを確かなものにするワークフォース戦略を策定する重要な仕事を任されたチーム」の一部になりつつある。

 こうした職務を引き受ける心構えをするには、学習や準備の方向性を変更することが必要だ。できれば継続的学習をさせてくれる組織に属することが望ましい。「スキルを重視し、人材が時代遅れにならないようにするのに必要で需要のある技能を絶えず評価して、従業員のスキルアップやリスキリングに投資し、各役割を再調整する企業は、今後も時代を先取りするだろう」とKhan氏は述べている。

提供:tolgart/Getty Images
提供:tolgart/Getty Images

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]