IPv6(Internet Protocol Version 6)とは?

インターネットの通信規約(プロトコル)の1つ。現在主流となっているIPv4に代わるものとして、インターネット技術の標準化団体であるInternet Engineering Task Force(IETF)によって1995年に基本仕様が策定された。

最大の特徴はIPアドレスの長さを拡張したことで、IPv4では32ビットであるのに対し、IPv6では128ビットになった。これにより、割り当て可能なIPアドレスの数が2の32乗(約43億)個から2の128乗(約340澗=340兆×1兆×1兆)個に増えるため、インターネットの急速な普及やインターネット接続機器の増加によって生じたIPアドレス枯渇の問題が解消すると期待されている。

ただしIPv4との互換性がなく、移行にはハードウェアやソフトウェアへの追加投資が必要となる。このため、移行に時間を要しているのが現状である。

インターネット資源の管理団体であるInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)は2011年、IPアドレスの中央在庫が事実上ゼロになったことを明らかにしている。地域単位の管理を担う5つの地域インターネットレジストリ(RIR)でも、うち3つがすでに枯渇状態となっている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 AWS re:Invent

    Amazon Web Servicesの年次イベント。2017年は11月最終週から12月第一週にかけて米ラスベガスで開催され、「Kubern...(続きを読む)

  5. 5 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  6. 6 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  7. 7 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  8. 8 インメモリデータベース

    データをディスクではなくメモリから呼び出すことにより、高速な処理を実現する技術をともなったデータベース管理システム。通常コンピュータではディ...(続きを読む)

  9. 9 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  10. 10 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

注目のキーワード

投資利益率(Return on Investment:ROI)
よく言われる「投資対効果」のこと。投資家がベンチャーに投資した金額からリターンを得る割合を示す。...
続きを読む
成長ステージ
スタートアップ企業の成長の段階を示す。企業がどのステージにいるかを定義する明確なルールはないが、...
続きを読む
SSP(Supply Side Platform)
媒体社(インターネットメディア)の広告枠の販売、収益最大化を支援するオンライン上のサービス。媒体...
続きを読む
サプライチェーンマネジメント(SCM)
原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高...
続きを読む
クラウドブローカー
複数のクラウドサービスプロバイダーとの関係を取りまとめ、維持管理する組織のこと。クラウドブローカ...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]