MCI、ベライゾンの買収提案を受け入れ--総額76億ドル

Marguerite Reardon and Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年03月30日 17時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長距離通信会社MCIの買収をめぐる地域電話会社Verizon CommunicationsとQwest Communicationsの争いに、もうすぐ決着がつきそうだ。

 MCIの取締役会は米国時間29日、Verizonが新たに示した買収提案を受け入れたと発表した。Verizonが再提示した提案には、買収額の増加や、Verizonの株価が下落した場合のMCI株主保護策などが盛り込まれていた。

 これを受け、VerizonはMCIを総額76億ドル(配当金40セントを加えると1株当たり23.50ドル)で買収することになる。MCIの株主が受け取る現金は、当初提案より2.75ドル増え、1株当たり8.35ドルとなる。

 2月にMCI取締役会は、Qwestからの提案を退け、67億5000万ドルというVerizonからの提案を承認している。しかし、その後、Qwestが買収提示額を引き上げたため、MCIはQwestとの交渉を再開した。Verizonは3月に入り、28日深夜12時までを期限に、MCIがQwestと交渉を継続することを認めていた。

 米国西部の人口の少ない14州で事業を展開するQwestは、Verizonよりも財務状況が悪いと見られている。Verizonは、米国北東部や中部大西洋岸地域の人口の多い州での事業を独占しており、ニューヨークやボストンなどの大都市も同社の事業地域に含まれている。

 しかしQwestは、同社の提案のほうがMCI株主にとって有益であると主張してきた。Qwestの提案内容に従った方が、Verizonの案を受け入れた場合に比べ、経費を2倍削減できるというのがQwestの主張だった。またQwestは、Qwest-MCI間の契約の方がVerizon-MCI間の契約よりも法的手続きが迅速に進むと述べてきた。

 今回のMCI取締役会の決断を受けても、Qwestは希望を捨てていない。Qwestは28日、総額85億ドルという買収提案に対する回答を4月5日まで待つつもりだと述べた。

 Qwestは声明の中で「Verizonは、買収提案の内容や提示額を変更する権利を有する」と述べた。「しかし、われわれの提案のほうが株主にとって有益であると確信している。今後も状況を見ながら、株主/顧客/従業員の最大の利益のために何をすべきか、判断していく」とVerizonは言う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算